337137
How to play Ogawa Ocarina - BBS
ご意見やご質問など、ご自由にお書き下さい!


ご投稿は 「お友達の会」会員 の方 「フルートオカリーナ館」記帳所 または 「おがわオカリーナ奏法」記帳所 にご記帳頂いた方に限定させて頂きます。

[投稿する写真のファイルサイズの変更をするには・・]
[How to play Ogawa Ocarina] [Guest Book] [New arrival] [Explanation] [WORD search] [Log] [Old Log] [古いQ&A] [Admin]
Name
合い言葉 ※必須
合い言葉欄にはocarinaと書いてください
E-mail
Title 題名
Message 【Message 内の URL は先頭の h を抜いて書き込んで下さい。】
Please do not write in the same URL as the following into Message.
記事内に同じURLを記入しない
URL
File  (100kB)
delete key 編集用のPass 半角で4文字から8文字
(Four to eight characters)
Color 文字色の指定

掲示板へ直接アクセスした場合には投稿できません。トップページから入り直してください。
・画像は管理者が許可するまで「COMING SOON」のアイコンが表示されます。

呼吸法について教えてください。 Name:みみ - 2010/09/25(Sat) 23:14:41 No.155      It quotes. 
 呼吸法を何度も読んでやってみていますが、胸の筋肉を広げたままで、腹式呼吸をするということでしょうか?
 先生の動画や生徒さんの動画も何回も見たのですが、よくわからなくて。
  

Re: 呼吸法について教えてくださ... Name:みみ - 2010/09/25(Sat) 23:57:15 No.156      It quotes. 

お友達の会の中をよく読んでいたら、胸式呼吸をするつもりで息を吸うのですね。腹式呼吸をしなくていいのですね。
 肺を広げたままにして息を吸う、ということがよくわからないので教えてください。

Re: 呼吸法について教えてくださ... Name:ken - 2010/09/26(Sun) 09:35:25 No.157      It quotes. 

頑張っているのですね・・・・フレー  フレー !!

「おがわオカリーナ奏法」には項目として「呼吸法」がありません。」

ただ、「吹き方」と言う項目の中に
息の出し方
息の吸い方
息の止め方

が有りその中でちょっと
腹式呼吸
胸式呼吸
胸式腹式呼吸
の説明しています。

これは、まず自然に演奏して欲しいということです。
演奏者のレベルや演奏曲目によって要求される空気量とその支えは違ってきます。
ですから、
いきなりプロのレベルの呼吸法は無用で自然に歌うように呼吸すればよいと思ます。

胸式腹式呼吸は目の前に指導者がいない場合(または呼吸法を理解していない指導者)
達成したり理解することはかなり難しいかもしれません。


実際に学習者であった過去の自分を思い出しても、
「呼吸法」についてはかなり悩み、
いろいろな本を読んだり、レントゲン写真を見たりしました。

しかし、なんと一番参考になったのは、
故J.P.ランパルの演奏会でバッハの無伴奏パルティータを最前列で見た時です。
この曲は一曲の中で物理的に呼吸できるのは一か所しかありません。
ですから音楽的な意味で呼吸できる場所で呼吸をするのですが、
当然、その呼吸できる時間は短いのです。
彼はその場所で音もなく 大量の息を補給して吹き続けたのです。
それを見た私は絶対にその呼吸法を身につけたいと思いました。

この呼吸法はすでに古いフランスの教則本に書いてありました。
残念なことに私は先生からこの呼吸法を習いませんでしたし、
周囲の者もこの呼吸法をしていませんでした。

この事からあなたの目前で私が呼吸してあげることが一番わかりやすい
のでしょう・・・・・。百聞は・・・・。

機会があれば、簡単にお見せすることができますよ!
でもそこですぐにできるようになるとは思わないでください・・・あはは

Re: 呼吸法について教えてくださ... Name:みみ - 2011/02/10(Thu) 00:30:01 No.189      It quotes. 

ご無沙汰しております。お返事をいただきっぱなしですみません。

 息の入れ方吸い方、が、いまだによくわからなくて悪戦苦闘しています。

 1 口で吸うのですか?鼻で吸うのですか? 口で吸う場合、吸う音が出てしまいます。胸を広げたままをイメージしながらやってみましたが、なんだかよくわかりません。

 2 ブレスのところで息を吸うつもりなのに、吸う前に、残った?息を出してからでないと苦しくて吸えないのですが、これはいったいどんな現象なのでしょうか?特に、これは、F管で起こります。F管はC管以上に息がうまく出したり吸ったりできなくて、苦しくなりますが、なぜなのでしょうか?

 よろしくお願いします。
 

Re: 呼吸法について教えてくださ... Name:ken - 2011/02/10(Thu) 10:44:31 No.190      It quotes. 

呼吸法と言うのはその人のレベルによって要求されるテクニックが違います。
要求されるテクニックと言うのは演奏する曲の呼吸に対する難易度のことです。

胸式腹式呼吸で短時間に大量の息を補充できる能力があるからと言って、
いつでもその呼吸法を使うわけではありません。
曲によっては自然な普通の呼吸が合っている場合もあるのですから。
前のレスにも書きましたが、

「これは、まず自然に演奏して欲しいということです。演奏者のレベルや演奏曲目によって要求される空気量とその支えは違ってきます。ですから、いきなりプロのレベルの呼吸法は無用で自然に歌うように呼吸すればよいと思ます」

口で吸っても鼻で吸っても構いません。
そこに疑問を持つのなら普段はどのように呼吸しているか(吸っているか)を
観察してください。


口で吸って音が出てしまうのならわざと音を立てて
どのように音が出るのか観察してください。

■残った息で苦しい場合!
オーボエなどの楽器では空気が余って苦しいのです。
これはフルートなどの空気が無くて苦しいのと反対ですね・・・あはは

さて、オカリーナでも空気の消費量の少ない楽器の場合
(小さい楽器である場合が多い)
余った空気が苦しいことがあります。

同じ質問をある有名な女性オカリーナ吹きに聞かれたことが有ります。
もったいぶって答えた内容は・・・

「演奏しながらはなから空気を抜きますが、
コントロールが下手だと演奏に影響が出るかもしれません」

・・・と。

さて、あなたがそのテクニックを使えるかどうか?
お試しください。

Re: 呼吸法について教えてくださ... Name:みみ - 2011/02/10(Thu) 11:46:26 No.191      It quotes. 

お返事ありがとうございました。
呼吸は一番の難関な気がします。

 あまり頭で考えすぎずに歌うように、トライしてみます。

 難しいです、オカリナ演奏。

そう言えば・・・ Name:みみ - 2011/02/10(Thu) 23:09:13 No.192      It quotes. 

 先生、呼吸で思い出したのですが、歌手の平原綾香さんをご存知ですか?ジュビターの。

 あの方は、息継ぎの時の息を吸う音がいちいちすごく大きいんです。

 CDを聴いていたときに、息を吸う音が耳触りでした。

 あのように音を出してするような息継ぎは、音楽が台無しになるような気がしましたが、先生はどう思われますか?

 オカリナでの息を吸う場合も、平原綾香さんみたいな音がしたら、その息継ぎはあまり良くないですよね?

Re: 呼吸法について教えてくださ... Name:ken - 2011/02/11(Fri) 11:11:12 No.193      It quotes. 

ソプラノの歌手フローレンスフォスタージェンキンスと言う歌手?
のB面にバーンズ氏の方のテノールが収められていました。
その方のブレスが「ふがぁー」と言うブレスで、
それを聞いたときは涙が出るぐらい大笑いをしました。

・・・プロがそんなことをしたら恥ずかしいですね!

私の記憶の中では、イタリアオペラの中でドラマチックな場面で
主人公が大きな音を立てて息を吸う場面が思い浮かびますが、
これは、音を立てない呼吸法が出来ていない訳でなく、
表現の一つとしてしているのでしょう。

ミミさんが言っているそのCDの歌手の方が、
どのような意図でそのような演奏をしているのか私にはわかりませんが、
それを耳触りと感じる方がいると言う事はしない方が良いのでしょう。

皆さんはいきなり完璧な呼吸をすることは無理ですから、
ブレスの場所で正確に十分なブレスをしたり、
(ブレスをしたつもりであまり吸っていない事が多い)
ブレスで大切な音楽的なタイミングを感じられるように、
良い音楽をたくさん鑑賞したり良い先生に師事したりすることが、
一番大切なのです。


新たな問題です Name: - 2010/12/19(Sun) 10:10:40 No.182      It quotes. 
お返しいただいたオカリナを先日(3月に)先生から購入したC管に合わせて吹いてみました。このF管のド音はC管のファ音と同じ音になるはずと何度も吹いてみましたが、どうしてもソ音と同じに聞こえます。息の強さで音程が調整できると先生の奏法で教えていただいたのでいろいろな吹き方でやってみましたが、#ファ音は出せるのですがそれ以上低い音はどうも出てきません。同じ息の強さでC管でト長調で吹いたものをF管のハ長調で吹くとほとんど同じに聞こえます。このF管を最初に受け取ったときにはそのようなチェックはしませんでしたが、これはG管に違いないと思えてきて・・・もう、オカリナの難しさにがっくりです。

Re: 新たな問題です Name:ken - 2010/12/19(Sun) 11:15:53 No.183      It quotes. 

ご存知のようにオカリーナは吹き方(息の強さ)で半音は変化します。
お送りしているオカリーナはテストをしていますから音程をとって演奏できるはずです。

それでも、少しですが貴方の息のコントロールがしやすいようにpitchを調整することもできますよ。
一番良いのは...直接あなたの演奏をお聞かせくだされば、
問題点がはっきりします。

前回も申しあげたように「生息」で吹いた場合音程が高くなります。
おがわオカリーナ奏法の低音の吹き方をご参照ください。
きっと喉や口の中が広がっていないはず。

この点も目の前でご覧いただくのが一番早いです。


新しく質問を起こさないで、前の話題にレスして下さるようにして頂ければ幸いです。

Re: 新たな問題です Name:ken - 2010/12/22(Wed) 17:41:58 No.184      It quotes. 

なんと言う事でしょう!!

G管の楽器は「G」の刻印を打つことになっています。
この楽器には刻印がありません。・・・・しかしG管なのです。

単純に作るときに「うち忘れた」ようです。
沢山の工程を経て楽器を作りますので、大抵発見されます!?
しかし・・・そんな楽器をお届けしてしまい大変申し訳ありません。早速 F管をお送りしますが、
ついでに今回問題のあったG管もお送りしますのでどうぞお使いください。
目印にG管の方にシールを付けておきました。

楽器の外見は全く同じなので・・・・・。
いま G管は在庫がないので貴重かも・・・?
ソロ以外ではほとんど使いませんからね・・・?

早速お送りいたしますので今しばらくお待ちください。

Re: 新たな問題です Name: - 2010/12/24(Fri) 17:51:08 No.185      It quotes. 

ただいまオカリナが2管届きました。
もしあれがやはりF管でしたら、私は音楽を(つまりオカリナを練習するのを)止めようと思っていました。勇気を出してお送りしてみて、よかったです。
YouTubeで聞く先生の澄んだ美しい音色にあこがれて吹いてみたいと思ったので、止めずにすんでよかったです。
交換だけでなく1管余分に頂くことになって、うれしいような、申し訳ないような気持ちです。
これからも「生息」を克服すべく練習しながらオカリナを楽しんでゆくつもりですので、ご指導よろしくお願いいたします。お礼までに。(返信の仕方はこれでよかったでしょうか?)

Re: 新たな問題です Name:ken - 2010/12/24(Fri) 19:58:11 No.186      It quotes. 

そうです。
新しいスレッドを立てるのも良いのですが、
話が続いている時は res で対処した方が良いかもしれませんね。

 そのG管はきっとあなたの所に行きたかったのでしょう。
私はG管をほとんど使いませんが、誰かがCD等でG管を使って演奏しているのでしょう。
時々注文があります・・・・今は在庫がありませんが・・・あはは

どうぞお使いください!
では


ありがとうございました Name: - 2010/12/17(Fri) 17:58:03 No.180      It quotes. 
お送りいただいたオカリナを(留守をしていたため)ただ今落手しました。楽器の問題ではなく、吹き方に問題があるとのこと、本当にお手数をおかけして申し訳ありませんでした。ただ、つまり、かすれないきれいな音で吹けるようになればたぶん吹き方が上達していると考えることが出きるわけで、先生にはご迷惑をおかけしたのですが、私としては「きれいな音色を」という目標への道が見えた気がします。改めて御礼申し上げます。

Re: ありがとうございました Name:ken - 2010/12/17(Fri) 22:16:24 No.181      It quotes. 

メッセージは新しいスレッドでなく続きとして返信して頂いて良いのですよ。

さて、昔ある所で私の作った楽器を皆さんにお見せしたことがあります。
その時にその地元のオカリーナ団体の役員の方でしたが・・・全く演奏する事が出来ませんでした。
その方が使っていた楽器は多分「生息」で演奏する方が作ったものだったのでしょう。
その場の係りの女の方などが吹いて見せて説明するのですが、残念なことに最後まで鳴らせませんでした・・・。

管楽器の経験者・・・先生クラスの人でしたらどんな楽器でも問題なく鳴らすでしょう。
(先生でしたら当たり前ですが・・・・)
・・つまり、息のコントロールや響かせ方等々余裕が必要なのです。

もう少しすれば吹き方の問題であるか、楽器の問題であるかは判断できるようになるでしょう。


お願い Name: - 2010/12/09(Thu) 15:39:37 No.178      It quotes. 
昨日お尋ねした先生お作のF管を、本日郵便で先生宅に送らせて頂きました。楽器の問題ではなく吹き方の問題なのだろうと想像しますが、とりあえず見ていただきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

Re: お願い Name:ken - 2010/12/11(Sat) 16:26:18 No.179      It quotes. 

本日午後に楽器が到着しました。
拝見しましたが、
全く問題がないばかりか、きれいな音の楽器でしたよ。

高音ドから上がまったく出ないと言う事でしたので、
息の圧力を増していくとそのような現象が生じましたが、
その強さではF管としては機能しませんので結論としては「生息」で
強く吹きすぎと言う事でしょう。

少し強めではピッチが狂いますので音程を調整と、
エッジの調整をしましたのでいくらか吹きやすくなると思います。

しかし、基本的には「吹き方が強すぎる」ので優しい音を求めて
息を吹き込んでください。
きっと素晴らしい音が出ると思います。

なお、楽器は早速返送いたします。


質問 Name: - 2010/12/08(Wed) 22:11:40 No.176      It quotes. 
先日、先生お作のF管を購入しました。3月にC管を購入したのですが、今まで全然練習してこなかったので全くの初心者です。先生の「おがわオカリーナ奏法」を参考に少しずつ練習をし始めたところです。実は購入したF管の高音部(レ〜ファ)の音がかすれて出ないのです。C管については全く問題を感じないのですが・・・たぶん、これは私の吹き方に問題があるのではないかと思い、「力を入れずにそっと」とか、あれこれの吹き方でやってみますが上手くゆきません。百発百中かすれない音を出す方法をお教えいただけますか。

Re: 質問 Name:ken - 2010/12/08(Wed) 23:22:32 No.177      It quotes. 

それはそれは・・!

・・お送りする楽器はすべてお送りする前に点検していますので、発送時には問題はありませんでした。
お送りする段階で運送会社が破損事故を起こしたことは今までに一回のみで、その時は新しいものをお送りいたしました。

さて、どうしても音が出にくい場合はお送りいただければ、点検をして問題があれば新しいものとお取替えいたしますのでご安心を!!

C管と他の管との奏法上の違いはC管では高音域で歌口を胸に近づけるのですが、他の管では歌口を左横向きにして胸の反射を使わないことです。

胸の反射を使うとC管とは逆に音が出にくくなるのです。

もう一点右の手のひらを楽器からちょっと離してみてください。
音に変化があるかもしれません。
(これはピッコロでよくある症状ですが・・)

それだけやっても改善が見られない場合はすぐにお送りください。


音出しの練習中です Name:Satomi - 2010/11/21(Sun) 07:05:57 No.168      It quotes. 
今までピアノで「伴奏」する側ばかりだったので、『オカリーナ奏法』での練習は、まだ音出しの練習なのに「伴奏に合わせて」出来るのが感動モノでした!
でも、なかなか、下のドの音の音程が安定しなくて。。。

ところで、低いラの音がどうしても出せません。
指が短いのか?サブのトーンホールまで全部がきちんと押さえられていないのでしょうか。

Re: 音出しの練習中です Name:ken - 2010/11/21(Sun) 17:27:25 No.169      It quotes. 

painoをやっていらっしゃったんですね。
音楽の素養があると上達するのは早いと思います。
ご自分で伴奏を弾いてマイナスワンを作り、
それに合わせオカリーナを吹くのは楽しいかもしれませんね。

そのうちにトライしてください・・・あはは

さて、低音が出ないのは主に指の問題があると思いますが、
実は吹き方も大切なんです。

http://www.fl-oca.com/yt.htm
このページにある白鳥(O-toneの出し方)での低音の吹き方を参考にしてみてください。

おがわオカリーナ奏法を読んで観察するとヒントがわかるかもしれませんね!

それでは

Re: 音出しの練習中です Name:Satomi - 2010/11/21(Sun) 23:04:42 No.170      It quotes. 

さっそくの素早いお返事、ありがとうございます。
先生の『オカリーナ奏法』とこのBBS・・・「独学」じゃない!とホントに心強く思います。

楽器が違うだろ!って思う先生の演奏の音、、、これを常に聞き返して、自分の音が少しでも近づくように、練習します!
低いラは・・・まだ出ません。出るまで頑張ります。
ありがとうございました。
またよろしくお願いいたします。

Re: 音出しの練習中です Name:ken - 2010/11/23(Tue) 07:15:07 No.172      It quotes. 

レッスンをしていると生徒さんが私のオカリーナに向ける熱い視線を感じます。
きっとみんな同じ考えであろうと思い生徒さんの楽器を借りて吹いてあげることがあります。

私の楽器は焼成が終わった後に検査し、不良品とされたものを使っています。
大きな傷やちょっとした割れなどがあるものです。
いつでも交換してあげますよ・・・・あはは

Re: 音出しの練習中です Name:Satomi - 2010/11/30(Tue) 06:48:14 No.174      It quotes. 

先生!低いラ・・・出ました!!
そして、今まで「たまに運が良ければ」程度にしか出なかった「シ」も「シ♭」も、出るようになりました。
『オカリーナ奏法』にあるように、私はトーンホールをムキになって強く抑え過ぎていたようです。
「必要最小限の力で」トーンホールを「塞ぐ」という先生の言葉がふっと分かった気がしたら、音が出ました。
ビックリでした。
ありがとうございました。

Re: 音出しの練習中です Name:ken - 2010/11/30(Tue) 20:20:48 No.175      It quotes. 

おめでとうございます!!

you tubeのページ(白鳥)をご覧になると、
低音で共鳴のコントロールをしているのが解ると思います。
あれが低音を鳴らす次のヒントです。

是非チャレンジしてみてください。


音の出し方 Name:makiko - 2010/11/18(Thu) 11:11:32 No.163      It quotes. 
息の強さがなかなか安定しません。
圧力を変える、と言うのがイメージは何となくわかるのですが、練習して出来そうかなと思って、曲を吹きはじめるととくにわからなくなっていってしまいます。なかなかその後の課題までたどりつけません。出す息の強さをお腹でコントロールする、ということが、実行が難しくて。とりあえず、吹くときは、お腹で出す息の量を意識しながら、でいいのでしょうか?

あと、オカリーナ注文させていただきました。宜しくお願いします。

Re: 音の出し方 Name:ken - 2010/11/18(Thu) 20:57:30 No.164      It quotes. 

息のコントロールは難しいと言うのは息をコントロールしようと思うからなのです。
息のコントロールは何の為にするのかと言うと、音をコントロールする為なのですから、
音に注意が行かなくてはいけないのです。
つまり、腹筋をコントロールするというより、
音のコントロールなのですから大切なのは耳なのです。

簡単に言うと・・・注意するのは「音」です。

基本のまっすぐな音のロングトーンは必須ですよ!

Re: 音の出し方 Name:makiko - 2010/11/19(Fri) 12:49:19 No.166      It quotes. 

ありがとうございます。音に注意をですね。
元々視覚優位で聴覚優位な人間でないので、音楽には不向きなのかも知れないのですが、繰り返して練習することで補えるところもあると思うので、頑張ってみます。

ありがとうございました。

Re: 音の出し方 Name:ken - 2010/11/19(Fri) 16:28:32 No.167      It quotes. 

そうなんです!
出した音を耳で聞いて、
それを自分の頭にある出したい音と比較して、
修正してまた出す・・・。

このフィードバックの繰り返しなんです。
ロングトーンも
音程も
ニュアンスも

もちろん訓練によってだんだん良くなっていきます。

いろんなコントロールを多用している
Sophisticated Lady  Duke Ellington
http://www.fl-oca.com/yt.htm をご参照ください。

またご質問くださいね。
では!

おがわオカリーナに感動です! Name:makiko - 2010/11/22(Mon) 22:44:47 No.171      It quotes. 

昨日おがわオカリーナ手元に届きました。
で、少し吹いてみて、感動しました。全然音が違いますね!
指穴の位置に慣れるのが少し時間必要そうですが、
購入して良かったです。
音の響きを感じやすいので、息は以前使っていたものより
コントロールしやすい気がします。
これからは、こちらで練習させていただきます。
オカリーナいつか自分でも作ってみたいなと思いました。

Re: 音の出し方 Name:ken - 2010/11/23(Tue) 07:20:16 No.173      It quotes. 

そう言って頂けると本当にうれしいです。
でも、音は演奏者の頭の中にある音が出ているだけなんですよ。

奏者の気持ちに答える能力がある楽器かそうでない楽器がの違いはあるかもしれません。

楽器と貴方のコミニュケーションが密になれば貴方の音楽に誠実に答えてくれると思います。


低音の録音 Name:Miku - 2010/11/06(Sat) 06:14:13 No.158      It quotes. 
いつもお世話になります。
4重奏の多重録音のとき、特にバス管の録音で気になるのですが、マイクのせいなのか、高い音はものすごく拾うのに、低い音はほとんど拾わず音の強さが不均等になり困っています。ラジオラインフリーでそれを均一にする方法はありますか?

Re: 低音の録音 Name:ken - 2010/11/06(Sat) 08:18:47 No.159      It quotes. 

西洋音楽の歴史の中でアンサンブルは教会とかサロンなどで発達して、
その会場はほどよい広さでよく響きましたが、
最近のロックなどでは野外で演奏したり電気を使い増幅したりしてものすごい大音量で鳴らすことが可能になってきました。

その影響か? クラッシックでも特に低音等で大音量を要求してしてしまう方も多いようです。
サントリーホールなどでフルオーケストラを聞くとコントラバスはCDなどで聞くのと違うのがわかります。
その影響はCDの再生装置やヘッドホーンの特性などでも低音や高音を強調したチューニングをした製品が
売られていることがわかります。

モニター用で多くのスタジオ等で使用されているソニーのデジタルヘッドホーン(\16000位です)などと聞き比べるとよく解ります。

さて、本題に入ります。
アンサンブルなどでの実際の音でなく、多重録音等のバスの音はボリュウムの調整が可能です。
この調整でどのような会場でどのような演奏をしているかを想定して調整することができます。
その後、各パートの音を合成すればよいのです。

その時にどのような味付けをするかでアンサンブル作品の方向が変わります。

ロックや演歌、ポピュラー音楽と違うのでクラッシックには作り過ぎた調整は避けたいものです。

Re: 低音の録音 Name:Miku - 2010/11/06(Sat) 16:35:57 No.160      It quotes. 

なるほど。時代によって、要求される音のバランスの好みは違うのですね。とても勉強になりました。

作りすぎにならないよう、できるだけ自然に仕上げたいと思います。
ありがとうございました。

Re: 低音の録音 Name:ken - 2010/11/06(Sat) 20:17:39 No.161      It quotes. 

時代というより、
様式の違いとおぼえた方がよいでしょう。

同時代でもスタイルの違う音楽がありますから!

Re: 低音の録音 Name:Miku - 2010/11/08(Mon) 15:49:12 No.162      It quotes. 

そうですね。ひとつの時代でも、さまざまな音楽があるから、様式の違い・・・ですね。
ありがとうございました。


今週お友達の会に入りました Name:marka - 2010/07/23(Fri) 08:00:33 No.151      It quotes. 
どうぞよろしくお願いします。
フルートを持っていたのでフルートのサイトを探していてこちらを知ることが出来ました。
動画などすべて拝見させて頂き。とても感動しました^^
オカリーナさえまだ手元にない現状ですが、先生の作ったオカリーナがすごく素敵な音だったので私も先生のオカリーナがいいと思いました。
関西ですし遠いので直接指導して頂いたりも出来そうにありません・・・。
どうしたらいいでしょう

場違いな質問でしたら消してもらってかまいません><
PCもオカリーナも初心者なため。
どこで手に入れたらいいのかも分かりませんし、高額でしたら拝見させていただくしかないかもですし、何から初めていいのかさえ悩んでいます・・・。

ご指導よろしくお願いします

Re: 今週お友達の会に入りました Name:ken - 2010/07/23(Fri) 08:59:54 No.152      It quotes. 

私のオカリーナが他のものと違うのを聞き分けるなんて!!
フルートをやっているだけに耳が訓練されているのでしょうね。
・・・・・あははは    なんちゃって。
私のオカリーナは他のものと違い堅い音はしません。
強いて言うなら金のフルートのような音を求めず木管のフルートのような音を求めています。
したがって息もフルパワーで吹きこむような事はありませんので、
他のオカリーナに慣れた方は吹き難いかもしれませんが、
息のコントロールが出来る方でしたら問題はないと思います。

こちらでお弟子さん以外も購入できます。
http://shop.g-hibiki.com/

Re: 今週お友達の会に入りました Name:marka - 2010/07/23(Fri) 17:00:48 No.153      It quotes. 

お返事ありがとうございます><

柔らかい優しい音がとても印象的だったので。
素敵だなぁと思っていたのですよ^^
オカリーナはまったくの素人なのですが><

通販の方拝見させていただきました
素人の私にはどのようなものがお勧めでしょうか?
いろいろありすぎて・・・。
もちろんどんな音が出したいとかにもよると思うのですが
フルートで長年苦労した点など含めますと
・手が成人女性の手より小さい
これだけがとてもネックになっています。
苦労なく自然に練習が出来る大きさのオカリーナを希望しています。
是非 先生のお勧めを教えてください。
よろしくお願いします^^

Re: 今週お友達の会に入りました Name:ken - 2010/07/23(Fri) 20:49:41 No.154      It quotes. 

まぁ あまり慌てて何も決めない方が良いですよ。
本当に好きなものがもっと別の所にあるかも知れませんし・・・。
最初に練習するのは 普通の C管 です。
オカリーナはファゴットの様に手の大きさが(小さい手だと)楽器を習得するのに致命的な原因となる事はありません。
自分の手に合う楽器を選ぶことが出来ます。
作者の気が向けば小さい手のための楽器を作ることも可能なのです。

ゆっくり周りを見てのんびり選んでください。
それがいいですよ!! 


日本内のオカリナ歴史? Name:ウルフ - 2010/06/24(Thu) 23:05:23 No.147      It quotes. 
こんにちは、
私はスウェーデンから来ました日本に留学している大学生です。専門は日本学ですが、論文は日本内のオカリナ歴史を書くつもりです。しかし、あまりデータを見つけませんでした。12トーンホールのオカリナが日本で発展されたことが聞きましたが、どなたか日本のどこかがまだ分かりません。「オカリナ物語:土塊の音色」という本を読みましたが、その本はだいたいイタリアのオカリナ歴史についてでした。

どなたかが本か記事か日本内のオカリナ歴史の物知りのどなたかをご存知している場合、教えていただけないでしょうか?

Re: 日本内のオカリナ歴史? Name:Suimin - 2010/06/27(Sun) 07:27:32 No.148      It quotes. 

ウルフさん、こんにちは。
日本のオカリーナの歴史について論文を書くんですね。私も学生に戻ってオカリーナの研究をやってみたいです!

日本のオカリナの老舗のホームページが、参考になるかもしれません。
http://www.aketa.org/ocaaketory1.html
http://www.prima-gakki.co.jp/public_html/catalog/aketaocarina/aketa002-02.html

「閉管」という用語については、私のサイトもご参照くだい。
http://www.ne.jp/asahi/suimin/japan/heikan.htm

論文ができたらぜひ見せてくださいね。

Re: 日本内のオカリナ歴史? Name:ken - 2010/06/27(Sun) 10:23:43 No.149   HomePage    It quotes. 

suiminさん  ありがとうございます。
現在のオカリーナの流れは・・たぶん・・aketaから始まっていると思いますが、
日本のオカリーナの歴史はまだ始まったばかりと言うのが私の感想?!
穴の数が多くなると言うのは音域を広げると言うことですね、
この他の楽器の比べて狭い音域を広げると言う流れは、
12穴となり・・
(それ以上の穴の数は可能ですが一般的に成りませんでしため・・)
ダブル トリプル と言う方向に進んでいますが、

はて、この流れはいったいどうなるのでしょう?
他の楽器の歴史を考えてもいろいろな工夫がされては消えています。
そのことから見えることもありますが、オカリーナについても大変興味ある事柄です。

演奏の歴史を考えると
録音が出来る様に成ってからの演奏を聴くだけで
その演奏様式は時代と共に変化するのが解ります。
(それ以前については作曲様式から想像できますね)

音色の好みも時代と共に変わってきますから、
すべて、時代とともにいろいろ変化していくのでしょう。

この短い歴史も説明する人に依って微妙に変化するのが大変興味あるところでもあります・・・・あはは

Re: 日本内のオカリナ歴史? Name:ウルフ - 2010/06/27(Sun) 19:00:17 No.150      It quotes. 

Suiminさん、kenさん、ありがとうございました。これで私は研究を続けられます。助かりました _O_

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
- Its contribution report can be corrected and deleted. -
select No delete key

- Joyful Note -
Modified by isso