337130
How to play Ogawa Ocarina - BBS
ご意見やご質問など、ご自由にお書き下さい!


ご投稿は 「お友達の会」会員 の方 「フルートオカリーナ館」記帳所 または 「おがわオカリーナ奏法」記帳所 にご記帳頂いた方に限定させて頂きます。

[投稿する写真のファイルサイズの変更をするには・・]
[How to play Ogawa Ocarina] [Guest Book] [Usually display] [Explanation] [WORD search] [Log] [Old Log] [古いQ&A] [Admin]

[ 指定Message(No.332)の関連スレッドを表示しています。 ]

音色について Name:元トロンボーン吹き - 2014/05/11(Sun) 17:28:00 No.330      It quotes. 
はじめまして。
私はまだ初めて2〜3年ほどの初心者で、ある方々に教わって吹いているのですが、音色を確立できず、いい音が出せているとは思っていません
どうしても、自分の息の量や圧・スピードに楽器がついてこれないのか、息を捨てているような感じでセーブしながら吹いている状態です(いろいろなオカリナを使っているのもあります)
市販のものだと金属音のような堅い音の出るオカリナや、誰が出してもやたらピッチが高くなるのや、柔らかいけど深みがないものや、響きは良いが息が足らなくなるのや、自分にぴたっと合うものがなく、自由に吹けません

作り方を紹介しているようなのですが、可能ならば楽器の調整の仕方なども紹介していただけませんか?
経験則で構いません
よろしくお願いします

※参考までに、
私が普段使っているのは
AC:Focalinkの440調整のもの(442でチューニングで会わせて吹いています)とPieta
他の音域すべてPieta(個人的に作っていただいているため)
アケタや、ポポロ、ティアーモ、も使ったことはありますがどれも私には合いませんでした
CbassはPietaとポポロのを使っていますがポポロは深みがなくここ2年ほど使ってません
Pietaのは響きは良いのですが、ロングトーンで4拍しか安定して出せないという難しさ

自分で調整していい音が出せるようになるのであれば、出したいです。紹介よろしくお願いいたします

Re: 音色について Name:ken - 2014/05/11(Sun) 20:47:05 No.331      It quotes. 

元トロンボーン吹きさん ようこそ!

楽器の経験があるのならオカリーナは比較的簡単に吹けると思います。
しかし、貴方の息の量や圧力に楽器を従わせる?と言う考え方は間違いではないかと思います。
オカリーナはエアーウエイや吹き出し口等が固定されており他の管楽器のように自分でコントロールできません。
ですからお持ちのオカリーナの良いところを探す吹き方をしてみてください。
つまり、貴方のオカリーナを作った方の求めた音を探す・・と言う事です。

ですから、
どうしても御自分の思う通りに楽器を鳴らしたいのなら自分で作る他はありませんが、
オカリーナを上手に演奏でき、オカリーナを完全に理解し、粘土(陶芸技法)に
精通していないと楽器としての良いオカリーナは作ることは出来ないのです。
「ニワトリが先かタマゴが先か」…困ったものです。

上達の近道はオカリーナの音色を良い先生に師事して聞き、
良い楽器で正しい演奏法を習得することなんです。
もちろん、独学でも不可能ではありませんが
大抵の場合遠回りするか違う方向に進むことになります。

楽器の調整方法については実は「作る」より難しいのです。
人が作りかけたオカリーナを直すのは自分で最初から作った方がどれだけ楽か・・・。
もちろん、簡単な音程の調整方法はホームページ内で紹介しております。
しかしこれも自己責任でやって頂くしかありません。

自分で調整して悪い音が良い音になると言う事は期待できないのです。
音色は良いが音程が少し狂っている・・と言うのは可能性があるでしょう。

Re: 音色について Name:元トロンボーン吹き - 2014/05/25(Sun) 21:35:11 No.332      It quotes. 

ありがとうございます

作った方とは面識があり、師事したこともあるのですが、やはり、音色を求めると、その分息の量が上がり、こちらの肺活量を圧迫する次第。

なるべく作った方の音色に近づけるよう、悪あがきしてみます
ありがとうございました

- Its contribution report can be corrected and deleted. -
select No delete key

- Joyful Note -
Modified by isso