0361752

  Since 11 Feb 2009



How to play Ogawa Ocarina



Ogawa Ocarina





How to play Ogawa Ocarina



おがわオカリーナ奏法はlink freeです。

ご利用の方は 恩送り記帳所にてご記帳を!

疑問や質問が有ればBBS にどうぞ。

フルートオカリーナ館 

オカリーナを録音して楽しもう!



最初にお読み下さい

 「おがわオカリーナ奏法」は無償でご利用できます。
 
もし貴方がこの「おがわオカリーナ奏法」をご利用頂きご満足頂いた時は、
 貴方のできる範囲の事で  「恩送り」  をして頂くと大変うれしいです。

◆ご注意◆
この著作の内容、映像・音声・楽譜等の著作権や版権は放棄していません。
許可なくしての部分流用・無断転載・転売・再配布などは出来ません。
編曲者名やURL等のクレジットを消す事を許可しません。


同意する   同意しない




Short Message- コメント歓迎
N: :






Pictures at an Exhibition
for Ocarina Orchestra 
(arr chaco)

Hymn No.312
OgawaOcarina Orchestra
(arr.Chaco)

Samuel Barber "Adagio"
OgawaOcarina Orchestra"
(arr.Chaco)




管理人の・・オカリーナって

●管理人の作るオカリーナでどんな演奏が出来るか? またアンサンブルした時にどのように響くか? 管理人自身もその答えを知りたかったのでこのような大曲にチャレンジしてみました。 もちろん個々の技術の差は大変大きく合奏としては不十分で未熟ではありますが、 生徒さん達はオカリーナを通して音楽することの喜びを得られ大変満足して演奏会を終えました。 色々なご意見も有るでしょうが皆さんも生徒さんの演奏しているビデオを見て 新しいオカリーナ音楽の方向を認識できるのではないでしょうか。


●日本での呼び方はオカリナが主流です。ほんとうはどちらでも良いと思うのですが、 イタリア語だとするとオカリナはオカリーナと言いたいですね。 それに玩具としてのOcarinaがオカリナと表記される場合が多いのに対して、 楽器としてのOcarinaをオカリーナとして呼びたいと言う気持ちと、 音楽の友社の音楽辞典にはオカリーナと記されていたこともそれを後押ししています。 (ドイツでは Okarina と表記したり Ocarina と表記したりするようです。ですから Okarina は間違いではありません)

●ゲゲゲの鬼太郎以後トトロなどのアニメキャラクターがオカリーナを持っていましたね。 それにテレビゲームではゼルダのオカリナ 時のオカリナがすごく流行っています。 現在ではiphoneでオカリナのソフトで遊ぶ人もずいぶん多いようです。 それらのITのオカリナは日本より外国に於いてすごい勢いで流行り、流行の早い日本よりそのピークが長い気がしています。 日本では宗次郎によるオカリナコンサートなどでのオカリナの流行にも一時より陰りがでてきたようですね。

●現実には流行は陰りが出てきたのではなく、 オカリナを愛好する日本のオカリナ初心者達は徐々にオカリナの吹き方を「おがわオカリーナ奏法」等で勉強して上達し、 楽器としてのオカリナの楽譜を無料で求めたりオカリナの作り方を研究したりして、 さらに上質な演奏やまともなアンサンブルにも挑戦する傾向が出てきました。

●その結果良い演奏の為に良いオカリナを求めて探しますが、 オカリナの値段がそのままオカリナの性能に比例するとは限らないと言う事や良い音とはどんな音かと言う事も、 一般の愛好者にも分かってきたようです。貴方の現在使っている楽器の音が良く潜在能力がある場合、新しい楽器を買うより、 今使っているオカリナの音程が悪い時はオカリナの運指表でオカリナの運指を研究したり、 トーンホールの音程の調整をする方が良い事もわかってきたようです。

●オカリナの運指表をわかりやすいイラストで表して欲しいとの要望もありますが、 なぜか権威のある他の楽器の教則本では運指表をイラストであらわす事は極めて少ないのは何故でしょう?

●私のサイトがオカリーナを愛する皆さんのお役に立ちオカリーナの世界が徐々に進歩すると言うのは 私の願いでもあるので大変うれしく思うのです。 上達するのには学問と同じで王道は有りませんが早道はあります、 それは、きちんと音楽を勉強したオカリナ奏者のオカリナ教室で勉強することなんです。

(・・・つい私もオカリーナよりオカリナと言ってしまうのは何故でしょう・・あはは)

●私はクラッシックは苦手で他のジャンルの音楽をやりたい・・と言う方がいますが、 どのジャンルの音楽をやるにしてもその楽器の原理が同じですから基本奏法は変わる筈がありません。 では何が違うのでしょう?  簡単に言うと、「演奏者の頭の中にある音や音楽が違うのです」

●良い楽器を欲しがる貴方に一言「良い楽器に変えても結局はあなたの音しかでません」 つまり、高い筆を買ってそれを使っても貴方が書けばあなたの字にしかならない・・と言う事です。

●・・でも。不思議な事に良い楽器は下手なオカリナ教則本よりあなたに良い奏法を教えてくれるのです。 ですから良い楽器で良い師匠に師事し正しい奏法と音楽の基礎様式を学ぶのがベストなのです。

●クラッシックと言ってもその範疇は極めて広く様々な異なる様式が存在している事に気がつくはずですよ。

●ロンドンの王立音楽院のフルート科教授、故フランシス先生とミュージシャンとアーティストについて話していましたところ、 先生はミュージシャンを格上として話をされていました。
これは大雑把に言うとギリシア時代の教育の重要な要素としての音楽から キリスト教の音楽への流れの中で音楽が宗教心を起こす以外の目的で魂を揺さぶるのを嫌い、 音楽家であるムジクスと感情に任せた演奏だけのカントルを区別し、 ムジクスを理想としカントルを軽蔑するような伝統となって行った流れなのでしょうね。

●誰もが思う素朴な疑問!

「何でそこまでして勉強しなくてはいけないのですか?」
「自由に楽しくピアノを弾いて何が悪いのですか?」

「のだめカンタービレ」の中で主人公の野田めぐみが言った言葉です。 映画(前篇)の中で千秋がムジクスとカントレについて野田めぐみにこの説明をしていました。

あなたも「楽しくオカリーナを吹いて何が悪い?」と思っていませんか?

楽しくオカリーナを吹くと「貴方は楽しい」・・これは当然です。
でも、その演奏を聞いている他の人は本当に楽しく感じられているのか?
あなたが感じる楽しい演奏、実は下品で悪趣味なものではないのか?

あなたは、受けを狙った曲芸のような演奏や大衆に迎合した演奏などをしないで、真に音楽を求める姿勢が必要な事が解って来ると思いますが如何でしょう?



●おすすめ 連続再生。





生徒さんのアンサンブル

オカリーナアンサンブル「カノン」の演奏です。毎月二回の
レッスンを受けています。一般の人達が「おがわオカリーナ」をどの様に
演奏しているかを自分の耳で聞いてみるのが一番です・・。




メドレーで聞いてください。


今までお蔵入りしていた演奏を皆様のご要望でUPしてみました。
注目は、表現の幅が小さいオカリーナでクラッシックを演奏すると
色んな問題が出てきますが、それを解決したく奏法等を考え実践してみました。
詳しくは「おがわオカリーナ奏法」を検索してください。









目  次



はじめに

種 類

各部のなまえ

運指表

構え方

吹き方

 息の出し方
 息の吸い方
 息の止め方
 タンギング
 初めに出す音
 音の止め方
 練習のポイント
 ロングトーン
 音が震える人
 ビブラート
 響かせる
 タッピング
 

音符の種類

 連 符
 三連符と・・
 

おがわ式持ち方

 手首の返し
 二点支持
 高音の出し方
 低音の出し方

持ち方の練習

おがわ式コントロール

 簡単に言うと
 音程のコントロール
 息による
 手のひらによる
 強弱のコントロール
 応用ピアノとフォルテ
 クレッシェンドと・・
 その他の効果
 おがわ式コントロールのまとめ

おがわトーン


指の練習

 インターバル

特殊奏法

 ポルタメント
 グリッサンド
 タンギングの種類

音楽的な演奏の為に

 重心音
 動きの把握
 錯覚奏法
 三人の自分
 ちょっと考察
初級演奏家資格試験
 

練 習

 二度と三度の進行

 lesson 1
 lesson 2
 lesson 3
 lesson 4
 
 練習曲

 吉澤真一「さびしげに・こもりうた」
 ヘンデル作曲 「ラルゴ」
 ヘンデル ト短調
 ヘンデル イ短調
 バッハ 「アリア」
 サンサーンス 「白鳥」
 フォーレ「夜 曲」
 グリーグ 「春」
 モーツァルト「アンダンテ」
 E・バッハ作曲 「ソロ ソナタ」

お手入れ

 たくさん吹く人
 あまり練習しない人

音 程

 温度による変化
 音程の調整
 音程の調整方法
 トーンホールの調整
 楽器を割った時

終りに

良くある質問




 はじめに

 この「おがわオカリーナ奏法」は「おがわオカリーナ」をお使いいただく方の為に その性能を十分発揮できる演奏方法を簡単に書きました。 この拙い著作が皆様の楽しいオカリーナライフに役に立つ事を願って無償で発表いたします。 もちろん「おがわオカリーナ」以外のオカリーナをご使用になっている方にもお使いいただけます。

 今までオカリーナの為の詳しい教則本やメソッドを見たことがありません。あったとしてもメーカーの吹き方のチラシとか「やさしいオカリーナの吹き方」などと言うたぐいの小冊紙で、楽譜を売るために有名な曲を集めた物がほとんどで、間違った記述などもあり、本当にこの分野は不毛のエリアでした。

このメソッドが皆さんのオカリーナライフの道を指し示すことが出来れば幸いです。


 まずはじっくりと「おがわオカリーナ奏法」をよく読んで楽しみながら学んでください。 そうすれば、直接お会いできない貴方もこのメソッドでヒントを掴み、 購入直後の新しい「おがわオカリーナ」でも この「おがわオカリーナ奏法」で、おがわオカリーナの性能を十分発揮する演奏方法を身につける事が出来ると思います。

ここには、「おがわ式持ち方」「おがわ式コントロール」と「おがわトーン(O-Tone)」 等々、わたし独自の奏法や教え方が数多く記載してあります。
その奏法等にご賛同頂き、ご紹介頂く場合は、出典を示してご紹介して頂く様お願い申し上げます。


私のホームページの「お友達の会」にご入会(会費などは無料です)頂きましたら、
いろいろな資料や楽譜をご利用頂けますのでどうぞご利用ください。




 「エッ!? オカリーナって習ったり先生についたりするのぉ?」
・・これが世間の常識??でしょうね。 確かにオカリーナは手軽で簡単な楽器で、だれでも簡単に音が出ます。 その音を並べると・・つたない音楽が・・・でも楽しいですね。 だからと言って演奏する音楽は素人用のいい加減なものは存在しておらず貴方がそうしているだけなのです。
 
 他の国の人は皆それぞれ上手にその国の言葉を話しています。 驚くことに子供も大人も誰でも・・・。 でも、当然ですが、その言葉でどんな内容を話すか何を表現できるかはその人次第なのです。 オカリーナを貴方が話す一つの言葉としたら貴方はその言葉で何を話すかが問題なのです。 貴方のオカリーナがどのレベルの音楽をするのかはこれからの貴方次第です。 まずはオカリーナ演奏の基礎を学び音楽を学ぶべきでしょう。

 このメソッドでおがわオカリーナ以外の他のオカリーナの練習に使用することは理論的には同じですから全く問題がありません。 一部、特殊な奏法の為に変形されたオカリーナや「生息」で作られたオカリーナにはここで紹介している奏法が使えない事があるかも知れません。





 種 類

 現在日本国内では12穴式(スイートポテトと言ったりします)のオカリーナが主流のようです。
形状や材料は何でも良く、それぞれに特徴ある音色が得られますが、やはり土から作ったオカリーナが一番だと思います。一般的には粘土で素焼きした物が多いです。 一部に本焼きしたものがありますが本焼きをすると音が硬くなり土の音とは言えない石の音となるようです。
おがわオカリーナは優しく柔らかい音を目指していますので素焼き仕上げです。

10穴式や12穴式等トーンホールの数が違うものがありますが、 原理的には同じもので穴の数は音域の幅に比例します。穴の数は作る人が任意に設定できますがオカリーナの原理から考えると、トーンホールを多くしすぎると、鳴り難い音が多くなるのです。 (つまり穴の数が少ないほど鳴り難い音がなくなり作るのが易しい)

そのほかにおもに丸い形をした四つ穴や六つ穴の形状をしたオカリーナが海外では多いようです。 12穴式は主に幹音を出す為に一つのトーンホールを使いますが、 丸い形状のものは複数のホールの組み合わせにより幹音の音程を作ったりしますので運指方法が異なっています。このタイプのオカリーナを日本では竹で作ったり木で作ったりしているようです。

12穴式のオカリーナには小さいものから Picc F G C bigF bigG Bass 等があり、 基本的にこれが主流で、それ以外の大きいものや小さいものは特殊なものと成り独奏にはほぼ使いません。 Picc とBass の間の各調の楽器を作ることは簡単ですがアンサンブル用にアレンジされる事が少なく、使う機会はソロ以外にはあまりありません。


その他に、12穴式オカリーナに小さいオカリーナを接着した「ダブル」とか「トリプル」オカリーナと言うものがあります。 これは楽器をつなげた状態で作るので歌口が「二つ」であったり「三つ」であったりします。 要するに持ち替えではなく接着している他のオカリーナに吹き替え(??)と言う動作で音域を広げると言うものです。 理論的にはオカリーナの持っている全部の音域をカバーできるのですが何故それが出来ないのでしょう?
(それを持つ事が出来るのか?演奏する事が出来るのか?・・はとりあえず考えないで)
一般の方が興味を持つのは理解できるのですが、残念ながら私にはなぜか興味がなく作る気はありません。



Ogawa Ocarina 音域


Ogawa Ocarina 音域


参照:OgawaOcarina 




 外人から見ると同じに見える日本人でも、 日本人をよく知っている日本人(?)から見るとまったく違って見えますよね。
それと同じでオカリーナをよく知ると同じ製作者でも一本ごとに異なっているのが解ります。 そして、残念ながらオカリーナは他の管楽器より「バラツキ」が多いのが現実です。 ばらつきが少なくレベルの高いのが良い作者と言う事になると思いますが、相手が炎と土ですからある程度仕方がありません。 でも、そんな一本ごとに異なるオカリーナも個性と思って相手を尊重して真摯に付き合うと中々味のあるものなんですよ。

・・・メーカーによる差しか感じない車のような時代が来るのでしょうか?
(そんな車でも・・当たりはずれがあるようですね・・はは)

・・・最近気がついた事があります。
オカリーナの値段がものすごく高いのです。
確かに私の使用しているフルートから考えると「少し安すぎ」と思いますが・・・・。
どうしても売って欲しいと言われ売ることにした1997年には、
あまり作りたくなかったので、多分普通の人は買わないだろうと
一番高い「売れない値段」を決めたのにそれが普通になってしまいました。





 各部のなまえ

オカリーナの各部の名称も色々な言い方がありますが、まずは以下の名称を覚えると便利です。

Ogawa Ocarina
中央のへこんでいる所の穴が「歌口」です。



 歌 口
音が出る所で「吹き出し口」と「エッジ」で構成されています。 一般的には円形ですが形を変えると音程や音色に微妙な影響がでてきますので、 この部分は絶対に触らないで下さい。 この場所を根拠もなしに削ったり、色を塗ったりする人がいますが、ほんの少しの加工でまったく音が出なくなったりします。


 エ ッ ジ
吹き出し口から出た空気が当たり音に変わる場所です。
エアーの軸に対するエッジの角度により音色や音程が微妙に変化します。本当に微妙ですから絶対に触らない様に!


 吹き込み口
空気を入れる所です。唇を軽くつける程度で深くくわえない様にしましょう。

あまり深くくわえると見かけが悪いばかりか歯でくわえたりして傷をつけます。
それに、唾液が余計に出る事があるようです。
すると、素焼きで吸水性がある本体ですが、飽和状態になり音が出なくなる原因にもなります。


 吹き出し口
歌口で空気が出て来る所です。この空気の形状等が音に大きな影響を与えます。
この形を変えたり付近に色を塗ったりする人がいましたが、絶対にやめましょう。


 エアーウエイ
吹き込み口から吹き出し口までの空気の通り道(気道)のことを言います。
ここをペーパーで擦ると音がよく出ると言う人がいましたが絶対にしない様にして下さい。
このエアーウエイのテーパー つまり吹き出し口と吹き込み口の面積の割合が絞りで、
供給する空気に大きな変化が出ます。

オカリーナ単体で考えるとこの部分がエアーウエイですが、
演奏法で考えると演奏者の体を含めた空気の通り道で考え感じると良い結果が得られます。


 トーンホール
指で塞ぐために本体に多く開いているいろいろなサイズの穴の事で、これを指で塞いだり開いたりして音階を作ります。
(音が出る所である歌口と音程調節用の捨て穴はトーンホールとは言いません)



  他のメーカーで胴体の脇のほうに開いている指で押さえない小さな穴がありますが、  それは通称「捨て穴」と言い、オカリーナ全体の音程の調整の為に開けられた穴です。 ・・つまり捨て穴があると言う事は穴を開けて「全体の音程を上げた」と言う事です。  オカリーナでは原理的に全体の体積に対する最低音から最高音までの幅の限界が決まっていますので、 下の音程を上げると最高音が出難くなると言う事になります。

 限界が決まっている音域を狭めない為に最初から正確に設計する必要があるのです。






 運 指 表


ここでご紹介している運指は基本的な運指です。
まず基本をしっかりと身につけて下さい。 実際の演奏では演奏する人が自分の吹き方や楽器の癖、
それに演奏効果を考え自分で工夫するのです。
他の管楽器と違うオカリーナの原理を理解すれば、工夫出来る運指の数はかなり多い事が解る筈ですし、
それが、オカリーナの特徴であるとも言えます。
難しい運指を易しくする合理的な替え指や自分の求める音程や音色を実現する特殊な替え指を工夫する楽しみもあるのです。  それらは貴方の耳に頼って工夫し下記の運指を数字で表す方法で記録してください。


 数字で表している書き方は私が普段レッスン等で使っている書き方です。
 楽譜等に運指をメモする時や指使いを考案した時などに便利です。
 (数字の「0」は書かなくてもわかると思います!)






指の番号と表示方法


  1   親指
  2   人差し指
  3   中指
  4   薬指
  5   小指
  ○   穴を開く
     穴をふさぐ
  +  *2*3   小さいトーンホールもふさぐ
  =   親指と他の指との区切り
  |   右手と左手の区切り
  /   数字表記の右手と左手の区切り



1 2 3 4 5 / 1*2*3 4 5
1 2*3 4 5 / 1 2*3 4 5

1 2 3 4 5 / 1*2 3 4 5
1 2*3 4 5 / 1 2 3 4 5

1 2 3 4 5 / 1 2*3 4 5

1 2 3 4 5 / 1 2 3 4 5

1 2 3 4 5 / 1 2*3 4 O

1 2 3 4 5 / 1 2 3 4 O

1 2 3 4 5 / 1 2 3 O 5
1 2 3 4 5 / 1 2*3 O O
1 2 3 4 5 / 1 2 O 4 O
1 2 3 4 5 / 1 2 O 4 5 (Picc)
1 O 3 4 5 / 1 2 3 4 O (Picc)

1 2 3 4 5 / 1 2 3 O O

1 2 3 4 5 / 1 2 O O O

1 2 3 4 5 / 1 O O 4 O
1 2 3 4 5 / 1 O 3 O O

1 2 3 4 5 / 1 O O O O

1 2 3 O 5 / O O O 4 O

1 2 3 O 5 / 1 O O O O

1 2 O O 5 / 1 O O 4 O
1 2 O O 5 / 1 2 O O O
1 0 3 O 5 / 1 O O O O

1 2 O O 5 / 1 O O O O

1 O O O 5 / 1 O O O O

1 O O O O / 1 O O O O
O O 3 O 5 / 1 O O O O

O O O O 5 / 1 O O O O
1 O O O 5 / O O O O O

O O O O O / 1 O O O O
O O 3 O 5 / O O O O O

O O O O 5 / O O O O O

O O O O O / O O O O O
"O-tone"(Ogawa Tone)で出す事も可能です。





 構 え 方

構え方



 簡単に言えば楽にオカリーナが持てればそれで良いのです。
しかし、その人の演奏する曲のレベルでは問題なくてももう少し進んだ時に、 急に難しくなったりしますから基本をしっかり掴んでおきましょう。  皆さんは何も考えないで肩のラインと譜面台のラインを平行にしてしまいますが、 肩のラインと譜面台のライン(正面)は図の様になるべきです。 顔の方向は上記の様に構えて正面を向きます。  ・・・それにオカリーナの向きをよく観察して下さい。  チェックするのは「譜面台のライン」(正面)「肩のライン」それに「顔の向き」 そして、「楽器のライン」との関係です。

実際にこの構え方に慣れると「右手の手首の負担」が楽になることがわかるでしょう。

オカリーナを持って自然に立つと軽く休んだ立ち方になると思います。  つまり両足は肩幅ぐらいの位置になり、重心はほんの少し前にあるのが感じられませんか?  椅子に座る場合は前の方に座るか深く座る様にして背もたれにもたれないほうが良いでしょう。  両足は立っている時より幾分広く開き、譜面台とイス(肩のライン)との関係は最初の図面と同じようになります。  注意することは肩に力が入らない様に注意して、腕は肺に空気を入れる時に邪魔にならない様に少し身体から離します。
(身体と腕との間隔は拳1つくらい離すのが良いと言われています)


腕の形
両腕は拝んだ時の腕の様に体から幾分離し自然に曲げます。

手の形
上記の腕の形をしながら手のひらでソフトボールを持つような感じにします。

指の形
自然に握った拳を力を抜いて軽く開いたような形が良いです。


最初に「楽にオカリーナが持てればそれで良いのです」と書きましたが、 少しうまくなって再度指摘すると「ほんとうだ!」などと言う方が多いのも事実なんです。
最初から真面目に実行すれば問題は起きなかったのに・・・。
何事も先立つ人の知恵が生かされず問題が起きてからいろんな事に気がつくのが世の常です。






 吹 き 方

 一般的に吹き方と言うと呼吸法と言う言葉が最初に聞かれるような気がします。
私の知る限り正確な動作をしていた人はほどんどいませんが、皆さんなんとか吹いているのです!
少し間違っていても結構出来るみたいですから、心配しないで下さい。

しかし、もっと楽に演奏したいとかもっと上手になりたい人は簡単にはできませんのでよく研究しましょう。
私は吹き方を三つの動作に分けて考えています。
それらは個別に動作する事は簡単ですが実際には一緒に動作します。
 

 第一は「息の出し方」
 第二は「息の吸い方」そして
 第三は「息の止め方」です。
 



ある時、高名な先生が弟子を教えている風景を拝見する機会がありました。
 (結構吹ける方を教えているのですが)
「もっと腹に力を入れて吹かないとイカン!」と言い杖で生徒の腹を・・・
「腹式呼吸を忘れるな!」・・・・。

もう、びっくりしました。オカリーナを吹く為にそんなに腹筋を使うなんて???
 
 (今時、素人でも「腹式呼吸」なんて言いません。
  ましてや、腹筋運動を練習させるなんて・・絶対に怪しいです!?
  ピアニストは指の筋肉を付ける器具で練習しているのでしょうか?
  話がそれました・・・)
 
一体いつの時代に勉強したんでしょう?? 
大切なのは「息の出し方」なんです!そして「息の吸い方」!
それが出来てから正しい呼吸法「胸式腹式呼吸」を学んでも良いのですよ。
 気楽にやりましょう!!
 






 息の出し方


一般に風船を膨らますような吹き方をされている方が多いようです。
私はそれを「生息」(なまいき)と呼んでいます。
オカリーナを吹く時にはただ息を出すのではなくコントロールされた息で演奏する必要があります。

その方法を簡単に言うと、 息は風船のように吹くのではなく、にらめっこの様に貯めた空気を感じながら、おなかで圧力をコントロールして出すのです。
よく「腹式呼吸で・・」と言いますが、オカリーナを演奏する上で必要な呼吸法は「胸式腹式呼吸」 と言う呼吸法なのですが、 完全に腹式呼吸と誤解するだけでなくその実践さえ誤解している方も多いのでご注意ください。
もう一つの「胸式呼吸」を含め、三つの呼吸法を区別してお見せする事は演奏法を勉強した者にとって容易です。


あと、楽器を無理やりねじ伏せる様に強く吹く人がいますがこれは絶対にきれいな音は出ません。
きれいな音はそんなに強い音なのでしょうか?
どのような息の強さが良いのか解らなかったら徐々に吹く息の圧力を増して行き、
あなたが「これ」と思うところを覚えてください。
ただし、お使いの楽器を作られた方がどのような息で作られたかが重要な問題なのです。




今日(2009年3月1日)はすごい事がありましたので、思わずこの文を追加しました。

日本フルート協会の会報(2009年2月25日発)が届いたのですが、
そこには故吉田雅夫先生の「フルート奏法」なる文章が発見されて掲載されていました。

その文章は私の生まれる前の昭和22年に日響(現 NHK交響楽団)の機関紙に掲載されたもので、 埋もれていたコピーが故木下芳丸氏から日本フルート協会の事務局長宛てに送られてきたものです。 今私たちがそれを見るとほんとうに短く簡単に書かれたものですが大変深い内容でした。

第六の項目では 驚いた事に、そこには・・・

  「生な息で吹かぬこと」 と言うタイトルで文章が書かれていました。

なんと、私も「吹き方で」同じことを書いていたのです・・・・!!
その事を先生に直接習ってはいませんでしたが色々な先生に教わった奏法の中で、
間接的に伝わっていたのかもしれないと思い感激をしたのです。
・・本当に複雑な気持ちであります・・・。
 






 息の吸い方

何か行動を起こす時、息を吸うのは当然ですね。オカリーナで音楽する時も吹く直前に息を吸いますね。
その息の吸い方はその次に演奏する音楽と係わりがありますよね?
優しい音楽の時には「優しく」勇ましい音楽の時には「勇ましく」吸います。
そして、ゆっくりの音楽の時は「ゆっくり」早い音楽の時は「早く」」吸うはずです。
実はこれが「息の吸い方の極意」なのです。
その予備拍でのブレスがいかに音楽的であるかは本当に大切な事ですが、
ほとんどの方が音楽と関係ないブレスをするので、大変残念に思っているのです。

この説明で納得して頂ければ良いのですが中には単にテクニックを求めて読まれている方もいるかと思いますので、
ちょっと、高等テクニックをお教えします。
速いテンポで短いブレス時間しかない時に使うテクニックですが、私は普段でも使用しています。

理論は簡単です。空気がなくなっても胸を筋肉の力で広げておき吸う時に肺を広げなくても広がっているから 早く吸う事が出来るのです。
さらに、肺の中の気圧は外部より低いので吸う動作をしなくても空気が入ってきます。
広げ吹いている間は腹筋で空気を押し出しているのです。その間肺は広げているのです。
その現象?は簡単にお見せして実証する事が出来ます。

よく演奏会で腹筋を使いすごい勢いで音をたてて息を吸う人がいますが、
これは吸う時に肺を広げる動作を一緒にしている事が多いのです。
 上記の方法を出来るようにするか時間をもっと取ってゆっくり静かに吸いましょう。  その音でせっかくの音楽がぶち壊しになりますから・・・。





 息の止め方

息の止め方・・と言うのは「にらめっこの様に」と何回もどこかで言った覚えがありますが、実際には息を止めると言うより息の圧力を決める動作なのです。イギリスにあるバグパイプを思い出だして下さい。わきに抱えているバッグに空気を入れ、それを左腕で押さえ圧力をかけて空気を押し出しているのです。供給する空気は単に供給するだけで音に関係はありません。貴方の肺はそのバッグだと思ってみて下さい。そのバッグパイプのバッグを押さえるつまり圧力を決める「腕」の使い方なのです。

初歩では、同じ音程で同じ音量の音を安定して出すことを目的としますが、
中級では音量の変化を意図的に使いますからその為の圧力コントロールをも含みます。 

このことによって安定した音での演奏や様々な音楽表現を実現してゆくのです。 それほど大切な動作なのですが、間違った出し方や一定の空気の使い方だけで、残念な事にコントロールについては認識されていない様です。


参考までに
バッグの中は抱えた腕によってどの方向に対しても同じ圧力がかかっています。(パスカルの原理)
この圧力をコントロールして同一の安定した音を出す作業をロングトーンと言います。
これは大変重要な練習となりますので毎日練習してください。



 他のオカリーナから持ち替えられた方へ

私のオカリーナは良い音を出す為に「整流された空気」を使用する吹き方なのです。
「整流された空気」を出す為にはにらめっこの様にして肺に貯めた空気を感じながら、 おなかで圧力をコントロールして出す事によって得られるのです。

もし貴方が風船を膨らますような息で楽器を無理やりねじ伏せる様に強く吹くタイプの方でしたら、
もっと温かい空気をオカリーナに吹き込みオカリーナと一緒に歌うようにして下さい。
きっと「ねじ伏せて吹かないで」「おなかの底からうたうように」「のどを開く」「歌口を胸に近づけ・・・」を試しているうちに、 とても自然な感じできれいな音が出るようになるはずです。
(エアーウエイの項を参照して下さい)

貴方が息の強さが想像出来なかったら私のサイトにあるYouTubeの動画をご覧下さい。 ひょっとすると私の動画より生徒さんたちが演奏している動画の方がその感じが掴めるかも知れません。
そして、徐々に吹く息の圧力を増して行き、あなたが「この音」と思う所の圧力を覚えてください。
この吹き方が出来る人は他の楽器でも必ず良い音が出ますが、その逆はダメな様です。


トールホールの位置も初めは驚かれるでしょうが他のオカリーナより手首に負担が無いと感じると思います。







 タンギング

 タング[Tongue]とは(舌)の事で、
管楽器の仲間であるオカリーナは尺八などと違ってタンギングと言う動作を舌でします。
(尺八の現代奏法ではタンギングもあるそうです)
それは、息を舌で堰き止めその堰き止めた息を舌により放す動作なのです。
実は動作としてのタンギングはたった其れだけなのですが、 実際にはアーティキュレーション (articulation(英)発音の事で各音をハッキリ出すことであるが、一般的?にはスラーのかけ方などのことを言っています) や音楽的なことに大きく関わって来て大変重要なことなのです。


奏 法 練 習

オカリーナでは音を出す時は必ず too と舌で空気を堰き止めてから出します。(声は出しません)
too(トゥー)の文字が示すように舌は上の歯茎の裏に触るはずです。 そこから、トゥーと言う動作をしてください。
では簡単な譜面の読み方を含めて実習していきましょう。 声を出さない様にもう一度注意してやって下さい。

音を出す時は必ずそのタンギング動作をしなければいけません。 次に、数を数えながらタンギングをして全音符の高いドの音を吹いてみましょう。 それでは四分の四拍子で全音符を四拍伸ばす事にします。
四分の四拍子 四分音符が一小節の中に四拍ある拍子で、八分の三拍子は八分音符が一小節の中に三つあると言うこと 全音符はあくまで四拍だが、全休符は一小節の中何拍あっても一つの全休符で表す。勘違いしやすいので注意!!
どの様に吹けばよいのでしょうか?

吹いているつもりで実習してみましょう。

Fig.1

数を数えながら too とタンギングをして次の1の直前で吹くのを止めます。
(小さい子には「1,2,3,4でパッ!」と止めなさい・・等と教えたりします)
これで四拍吹いたことになります。この正確に音の長さを吹くと言う事は大変重要です。
多くの人がいい加減な長さで演奏していますので正確に演奏してください。







 初めに出す音


1 O O O 5 / 1 O O O O
楽器を保持する意味では、全部の指を使い楽器を支えるのが容易に感じられますが、 それでは上の方の音を吹く時に押さえる指の数が減り楽器が不安定に感じてしまいます。  ですから最初から支持する指を少なくして出来るだけ他の指を自由にして、 上の「ド」の音から練習して、少ない指で持つ感覚を覚えた方が良いでしょう。

それに、フルート等のパイプの楽器では途中のホールの塞がりが不完全の場合音が出ません (倍音を出すことが可能です)が、オカリーナは体積に対する開口部の面積の合計ですから、 それが可能なのです。 と言う事は、指がトーンホールを完全に塞いでいなくても、 不完全な塞がりでも音が出てしまうと言う事です。  ですから音階を下降しながら順番に完全に指でふさぐ練習をするのが良いのです。


では音を出してみましょう。

最初の小節は音楽的には非常に大切なのです。 その間にテンポや音楽を掴み、次の小節では完全にその音楽の中に入って欲しいのです。 その為にわざわざ休みの小節を作りました。

実際には予備拍(直前の一拍)だけで次に始まる音楽のすべてを感じなければいけないのです。

数える練習です。
 1,2,3,4と自分の中のテンポを保持ながら数えて2小節目の一拍目でタンギングをして音を出します。
 三小節目はお休みですが、やはり1,2,3,4と数えています。
 四小節目の後ろに他と違う縦線があります。
 これはリピート記号で繰り返すという意味です。(この場合最初に戻り二回演奏したら五小節目に入ります)
 一拍の長さは四分音符が60の速さで演奏して下さい。
 (60とはメトロノームの速さの事で、一分間に60回と言うことですから一拍の長さは一秒になります。



Ms.1 pt2.jpg

メトロノームを使いましたか?(余程音楽的に修練を積んだ人以外は必ず使って下さい)
タンギングはきれいに出来ましたか?
音符の長さは正確でしたか?


それが出来たらmidiの伴奏でやってみましょう。
midi 再生
どうでしたか?
この段階でチェックする事は、タンギングの強さと音の長さで、
伴奏のオルガンに聞こえる音と同じタイミングで演奏できればいいのです。



タンギングと息の関係を考えましょう。

舌にかかる息の圧力は これから吹く音の圧力の訳ですが、
それに差があるとどうなるかを考えてみましょう。


図で書いてみます。
Fig.2
Fig.2はもっとも良い形です。


それに比べて次のFig.3ではタンギングの後で息の圧力を上げ音が膨らんでいます。
古い音楽ではその様に演奏する事がありますが、これは弦楽器の弓の構造の歴史と関係ありますので、 わざとやる場合を除いてやめた方が良い例です。
Fig.3



Fig.4はその反対でタンギングが強すぎてその後に息が弱くなった例です。
Fig.4



良く聞くと皆さんの大半はFig.3やFig.4に当てはまります。
これを正確に吹けない限り前に進んではいけません。
つまりタンギングと息のバランスをコントロールできる事が必要です。
ちょっと難しい言い方をしましたが、前に述べた言葉を思い出して下さい。

「タンギングの強さ(圧力)とはこれから吹く音の強さ(圧力)です」



さて、大体理解出来たでしょうか?
それではもう一度、midi.1を使ってMs.1を練習して下さい。
舌と息のバランスそして同じボリュームを維持できたでしょうか?


タンギングの基本はそれだけなのですが、
それで終わっては知識だけですから実習をしてみましょう。
これからの練習はタンギングを練習しながらリズム(譜読み)の勉強になると思います。
譜面を読む自信のない方は特に秘密練習として・・?やってみて下さい。
譜面が読めるようになると良いですね。頑張りましょう!

それでは四分音符が60の早さで一拍ごとにタンギングをしてみましょう。
ピアノの音が一小節同じ音形を演奏します。
その間は1−2−3−4−と数え、次の小節で演奏を始めて下さい。以下が楽譜です。

Ms.2pt2.jpg

予備練習が終わったら、midiのスイッチを押して一緒に演奏して下さい。
体で拍子を感じて下さい。

midi.2 midi 再生


タンギングがリズム通り出来たか?
タンギングの強さばらつきは・・強すぎたり弱すぎたりしなかったか?
音符の長さが正確に演奏できたか?
短かったり、アクセントを付けたりしていなかったか?
(midiの演奏の様に演奏してください)


「タンギングと言う動作の為にスピードのある空気が必要でしょうか?」と言う質問を受けました。

自分の出したい音と息のスピードは関係ありますが、 タンギングの為にスピードのある空気が必要と言う事は全く勘違いです。

そもそもタンギングと言う動作は基本的に舌を離す動作なのです。
その時に舌にどの様な圧力が掛かっているかはこれから出そうとしている音によって変わります。
つまり舌にかかる圧力は音楽によって変化するので一定では有りません。
圧力と息のスピードは一般的に比例しますが要素が異なりますから混同しない様にして下さい。

タンギングを正確に理解しましょう。




 音の止め方

いろんな意見がありますが、長い音と短い音の場合で処理(終わり方)が違ってきます。
  一般的には全く気にしなくても上手にできている方が多いようです。

長い音を切る場合音の最後で、
・吹くのをやめ息を止める。(声を出すようにするのですが、オカリーナの場合音程が下がることがある)
・タンギングのように息を止める。(よく聞いていないとアクセントが付くように聞こえる時がある)

スタカート等の短い音の時は舌でせき止めるのが一般的ですが、おなかで切るように吹く事もあります。



「息で止める」のが正解ですが、圧力を維持できないので音程が下がると言う現象が起きやすいのです。 
長い音で「舌で止める」というのも間違いではありませんが、音をよく聞いて止めるようにしてください。

でも、この「息の止め方」と「音の止め方」・・・まだ誤解されそうですね。
とりあえず長い音を「舌で止める」と言う動作はしない様にして下さい。
初心者っぽくってちょっと恥ずかしい演奏になることが多い様な気がします。


音の止め方・・なんて考えた事もありませんでした。
みんな普通に何も考えないで止めていたのでは? 
先生にも特別注意を受けませんでしたし・・?
ある時、音の終りが変な風になっている方がいました。
どうも、舌で息を出すのを止め・・音を止めているらしいのです。
これは思ったよりもなおすのが大変でした。 
変な癖をつけた生徒さんを直すのは何もできない生徒さんを教えるより大変です。
その癖を取り払う時間が余計にかかるだけではないのですから・・。

簡単に吹くのをやめれば良いのです・・・ただ、音に注意しながら・・・。





 練習のポイント

音程が悪い
音程の悪い人の半分はトーンホールを良く塞がない事が原因なのです。
指は基本的に楽器を持つのではなく音楽の為の活動をしなくてはいけません。
楽器の支えは両方の親指と左の小指それに口だけです。
初心者は全部の指で楽器を持ってしまい、 しかも指先が白く変色しトーンホールの跡がしっかりついてしまう位に力を込めています。 それは、指の運動を妨げるだけでなく指が痛くなってしまいます。  楽器を支える指以外は楽器を支えるのではなくトーンホールを塞ぐ事にだけ注意を払ってください。 楽器を支えている指は音によって支えない様に自然に移行して行かなければなりません。


さて、次に下降の練習をしましょう。

指の動き
音を出さないで、動かす練習をします。歌いながら指を見て指を力が入らないように動かすのです)
ドーシ、シーラ、ラーソ、ソーファ、ファーミ、ミーレ、レードなど、合理的な動きで
一本ずつ指先でトーンホールを感じながら動かします。

歌いながら
十分に出来たら次の楽譜を指を動かしながら本当に声を出して歌うのです!
歌いながら練習します。(歌えないものは演奏できるはずがありません)

吹いてみる
それを練習して歌えなかったり、運指が解らなかったり、力が入っていたりしてはだめです。戻ってやり直ししてください。 問題がなければ吹いてみてください。自分の演奏を客観的にお聞きください。

歌ってみる
次に伴奏と合わせますが、吹く前にもう一度下のmidiを使って (おっと、?本当に声を出して歌うのですよ。良い声でなくても裏声でも良いのです、ただ心を込めて!) 歌って下さい。

合わせる
伴奏が和音を弾いています、 音程を合わせて下さい・・・
音が合うまで息を強くしたり弱くしたりしてコントロールします
和音を味わいながら出来ましたか? 


Ms.3 pt9.jpg

midi.3 midi 再生


ピアノは最初の一小節でこの様に演奏しています。

Ms.4
pt11.jpg



この音をちゃんと自分で歌いながら、そして聞きながら次の小節の準備をするのです。

ピアノが「ソ・ド・ミ・ソ」と弾くのは次の貴方の「ド」の音の為の予備なのです。
「ソ・ド・ミ・ソ」の後の「ド」の音が十分にイメージされ演奏にはいるようにしましょう。

それが出来たら、次に演奏しないで伴奏だけ聞いて下さい。
和音が変化していって綺麗ですね・・。
その和音の上に貴方が演奏するオカリーナのパートがあります。



和音を味わいながら歌って見ましょう。
その後にオカリーナを演奏吹いてみて、自分で歌ったときとのイメージの差を感じて下さい。
・・その差を埋めるべく(これが練習で、音符をただ吹いて居るのは練習とは言いません)練習するのです。

さて、

タンギングと音符の読み方を練習している訳ですが、長年やっている人でも正確に音符を読んだりテンポを維持するのはかなり難しいようですが、音楽の動きや流れを感じると意外に簡単かもしれません。

今度は今の楽譜とほとんど同じですが、音符があった所に四分休符があります。
実習する前に歌ったり指だけで練習したりしましょう。
それが、習慣になるようにして下さい。

Ms.5

このmidiの伴奏はmidi.3と同じですが伴奏パターンが違います。それぞれでやってみて下さい。どちらが好きでしょうか?

midi.4 midi 再生


★ここまでの課題が正確に演奏できない場合はどんな曲にチャレンジしてもいい加減にしか演奏できません。
これからオカリーナを楽しむ為にも正確に演奏できるまではこの先に進むべきではありません!



一般に日本人はタンギングが下手なのです。 たぶんこれは話している言葉と関係があると思います。  それは日本語には「t」などの子音の発音が無いからでしょうか?   「too」も日本語で発音するのでは無く英語の様にしてみて下さい。  それが日本人の耳には多少奇異に聞こえても・・・。






 ロングトーン

音が同じ音量で安定して吹ける様に以下の練習をして下さい。
「息の出し方」の項目で説明した事を注意して、決して吹きつけないで優しく吹いてください。
無理やり出した音は決して美しくありませんから・・。


これは毎日行うべき基礎練習です。
安定した音が出る様によく聞きながら練習して下さい。

譜面3

・ 毎日、四分音符が60の速さで練習しましょう。

・ 自分の出している音をよく聞くようにしましょう。

・ 拍子を感じながら数えましょう。

・ 良くできるようになったら最高音や最低音まで音域を広げて練習しましょう。

・ 休符でブレスをする時ブレスの練習と思って鼻から深く息を吸って下さい。






 音が震える人

たぶん貴方の息の出し方が間違っています。
あなたはにらめっこしている時に息が震えますか?
そんな時は息が無くなってきた時や弱い息を出そうとしている時ですね。
  息は出そうとしないで圧力を保持するつもりでやると良い結果が得られます。
  「息の出し方」をもう一度よく読んでみましょう。

口や顎に中途半端に力が入っていませんか?
必要以上に入ってしまった力を抜く為の練習は簡単です。
  まずその力を入れてみる事です。 それで使う筋肉を確認してその筋肉の力を抜く練習をします。
そのほかには、不安な気持ちがある時などそのような状態になる事があります。
そんな時は練習をやめて遊びに行きましょう!


・・・こんな反省をしましょう。
普段の練習の中で自分の能力を超えて無理に吹いていませんか?音楽は軽業ではありません。
あわてて上手くなろうとしないでもっと落ち着いてゆっくり練習しましょう。
きらびやかなパフォーマンスの技術を追い求めないで音楽を静かに語ろうとして下さい。
そしたら深く静かに息をすると思いますよ。

具体的に言いましょう。
貴方の肺は不十分な空気で常に活動させられているかも知れませんよ。
肺はたぶん苦しんでいるのです。





 ビブラート

 少し前、・・と言っても前世紀ですがクラリネットはビブラートをかけないのが一般的であったし、 フルートの最低音が出る事は驚異的だった時代もあったのです。  オカリーナでも、つい数年前までオカリーナはビブラートをかけてはいけないと言っている人もいたのです。  これはその人の選択している様式の中の狭い音楽感での発言であることは明白ですが、 基本的にビブラートをかけるかけないは演奏者の勝手で、演奏しようとしている音楽を考え自分自身で決定する事です。  ただ、ビブラートにも色々なかけ方があり、それによっては非常に悪趣味な音楽にもなる事があるのも事実です。  例えば、音楽の流れとは関係のない機械的なビブラートを聞くと本当に勘弁してほしいと思ったりします。  でも、外国の有名なオーケストラに山羊の様な(メェーーー)いわゆるちりめんビブラートの奏者がいましたが、  その人のソロに感動した覚えもあります。 その方の音楽はビブラートの禁則・・を通り越していたのでしょう。  ビブラートも演奏の歴史の流れの中でその評価や基準がいろいろ変化するのです。

 昔は、「喉でかけてはいけないお腹でかけるのだ!」と言われたものです。  そして私もおなかでビブラートをかける練習をしたのですが、  面白い事に最新の医学を応用した研究では喉でかかっているのが確認されたのです。  しかし、それでもビブラートの練習を始める時には今でもお腹で「fu fu fu fu fu fu fu」と  腹筋を使って練習を始めるのが普通です。   これは、いきなり「喉でビブラートをかける」と説明すると良い結果が得られないからです。




ビブラートは二つの要素があります。
つまり振幅(音の大きさ?)と周期(速さ単位当たりの回数)です。
まず音の出だし以外はタンギングをしないで Fu Fu Fu Fu Fu Fu Fu と音が切れない様にかけてみます。
音の大きさ(振幅)はあまり大きくしないで、リズムに合わせて回数(周期)を変える練習をします。
これをテンポを変えていろいろ練習します。

これがビブラートの最初の練習です。


 良いビブラートを研究するにはバイオリンやチェロなどの弦楽器をよく観察するのが視覚的に一番参考になると思いますが、 ビブラートをかける気持ちの参考になるのはやはり「うた」です。 しかし、 どのジャンルの歌(様式の違い)を参考にするかが大きな問題なのですが・・・。

ただ、あくまで自然にかかるのではなく意識してかけないといけません。
コントロールできないかかってしまうビブラートは音楽から大きく外れる事になります。



へんてこな質問!?

「オカリーナには過度のビブラートは似合わない」
・・と言う意見があるらしいですが「過度」と言う言葉が問題ですね。
これをつければどんな楽器でも歌でも当てはまりますから、
当然、楽器とは関係なく演奏者の趣味の問題ですから個々の楽器とは関係ありません。

「ビブラートは楽器を揺らしてかける」
・・と言う意見も聞きました。私は試した事がないので良くわかりませんが、
結果として良い音楽が出来ればすべてOKですが、私はやりたくないですし、
他の方法(上記の)で満足しています。
たぶん、マネしない方が賢明かと思います。

皆さんに質問!

ビブラートはサインカーブですが出したい音程はそのサインカーブの
上限
真ん中
下限
のどこに合わせればよいのでしょうか?
(大抵の場合そんな事を考えなくても皆さんちゃんとやっていますから心配しない様に!)







 響かせる

 貴方はマリンバ(木琴の大きいもの)で大きなパイプが並んでいるのを見たことがありますか? あのパイプは木でできた鍵盤をたたいた時にその音を響かせる為に鍵盤の下に置いてあるのです。 そのパイプは音によって太さや長さが違いますね。高い音は小さく低い音は太くて長いですよね。 そのパイプが音を響かせているのです。

オカリーナの奏法でもそれを応用するのです。

mgup.jpg[photo by ara]

(派生音の鍵盤のパイプは鍵盤のない所もパイプがあったりしますし、
 飾りの効果も考えてありますのでちょっと違いますね・・・・)

 ここではその方法をお教えいたします。
貴方の顎を落とし口を大きく「お」の形にしてぽっぺを指ではじいてみて下さい。
良い音がするでしょう。
ではその口の大きさを変えてみて下さい。
音程が変わりませんでしたか? そうです。 その口の中の持っている空間の固有振動数が指ではじいた時にその音程と成って響いたのです。 この原理でオカリーナの音を共鳴させて音をさらに響かせる奏法なのです。

  ・・・響く所は口だけ?

いいえ違います。のど、気管、肺すべての空間を使うのです。
 (医学的にはよくわかりませんが・・)
 それは必ずしも同じ振動数である必要はなく共振出来る振動数であれば良いと思います。
 
   同じ固有?振動数や共振周波数が得られる広さをどうやって作るのでしょうか?
・・・「そんなことできる筈がない」とお思いの貴方に・・・。

簡単なんです!

口笛と同じと考えて下さい。
口笛を吹く方達は口の形状をなんかの本で学んだのでしょうか?
どうやって瞬時にその音程の口にするのでしょうか?

言葉でもそうですね。
貴方が発音している言葉は発音の本に書いてある様な難しい動作を研究して発音しているのでしょうか?
人間にはものすごい機能があります。
出そうと思うだけで瞬時にその形を作れるのです。

響かせる

・・どうですか?  たったそれだけで貴方はそれで良く響かした音でオカリーナの音を出す事が出来るのです。
これがおがわカリーナの奏法の中でも大切な部分はよく響かせると言う事です。
これで、今日から貴方のオカリーナの音が変わるでしょう!



パスカルの原理って聞いた事ありますよね?

実はこれがオカリーナを演奏する上で重要な原理でも有るのです。

・・そうです。ジャッキの原理だったりするやつですね。
簡単に言うと、膨らませた風船を上から押さえると風船の内部ではそれに対抗する力(圧力)が生じます。 その内側の圧力はすべての部分に均等にかかるのです。 ですから貴方がおなかで押した力に対する圧力は「口の中」「肺」「喉」「唇」などに均等に圧力がかかる事になります。 これはオカリーナに入っていく空気の圧力と等しく成ります。 もし貴方がそれぞれの圧力に差が有ったならそれは、良くない奏法であると言えるのです。

・・・よくわからない・・・と言う人の為に別の説明?

オカリーナを吹く時にその空気をオカリーナに吹き込みますがその空気を素直に出せない事が多いのです。 貴方は吸った空気を「口の中」「喉」「肺」各部分の空気を別々では無くバッグパイプの様に一つの塊に感じる必要があるのです。 悪い演奏はそれぞれの部分を別々に意識され、空気の流れを悪くする事によって音が悪くなるのです。 それは、大抵の場合「喉」を絞める事によって分断されることが多い様です。

・・・さらによくわからないと言う人の為に別の説明?

軽く「にらめっこ」をすると上の「口の中」「肺」「喉」「唇」などを一つの風船のように感じる事が出いませんか? 「にらめっこ」する時の圧力はこれから演奏する音の圧力で良いのです。

もしの貴方の風船に貴方のオカリーナの音を響かせることが出来れば素晴らしい音に成りますよ!!

 タッピング

 トーンホールを押さえる指をスピードを持って叩くようにした時にポンと音が出ますが、 その音の事を出す動作の事をタッピングと言います。フルート等では現代音楽に使われ音符の上に+印で記載されます。 オカリーナでもその奏法は可能ですが現在の時点では奏法としては使われていないのです。 その内に現代奏法として一般的になるかも知れません。  オカリーナはツボ状楽器で指で押さえている面積を変える事により見かけのツボの大きさを変化させて音程を変えていますが、 その体積が持つ固有の振動数をその時の気温やつぼの大きさに依る振動数(音程)をタッピングで知る事が出来るのです。 つまりこのタッピングトーンはその楽器の音程で振動していると言う事です。 フルートでは奏者の歌口に掛かる唇の面積や角度の差で音程(タッピングトーン)は安定しませんがオカリーナではエアーウエイが有り、 フルートの様に奏者の歌口に於ける音程の変化が少ないので歌口による誤差をほぼ無視でき、 そのままオカリーナの現状(気温等の変化を含む)での音程として考えることが出来ます。

このタッピングを利用して考えられる良い所を少し挙げて置きましょう。
オカリーナを吹かずに音程を知る事が出来る。
固有の音程と異なる音程で吹く事無くなる。
音程が悪いと思った時に吹き方のせいか楽器のせいかが判断できる。
実際に音を出す前にタッピングをして音程を先にイメージすることが出来る。
息のスピードや圧力が適切でないことが解る。






 音符の種類

Ms.6
それぞれ全音符を幾つに分けたかと言うことで表します。
(細かい音符は必ず早いとは限りません・・テンポの設定によります)

ちょっと聞いてみましょう。

midi.5 midi 再生






休符の種類
Ms.7
括弧は一拍の中に入る休符の量です。






 連 符

簡単に言うと普通の譜面の書き方では表せない数の音符の書き方です。  普通 4/4 拍子では一小節の中に四分音符が4つと決まっていて、それぞれの音価は厳密に決まっています。  連符とはそれ以外の音符の書き方で大まかに説明すると以下の種類があります。


三連符

一拍や二拍あるいは四拍を三等分する場合が多いです。
譜面を見ていくら考えてもわからない人は分りませんのでmidiで聞いてみましょう。 もちろん、聞きながらご自分でも歌ってみて下さい。
もちろん拍子を感じながら(できれば手で拍子をとりながら)歌って下さい。


四分音符一拍を3つに分けた三連符です
Ms.
midi 再生


四分音符二つを三つに分けた三連符です。
Ms.
midi 再生


四分音符4つを3つに分けた三連符です。
Ms.
midi 再生


上記の譜面にわかりやすく低音「ド」を入れてみました。
Ms.
midi 再生



二連符・四連符

三拍を二等分や四等分する事が多いです
三拍子や八分の六拍子等で三つの音符を2個や4個に分ける。


四分音符3つを二つに割った連符です。
Ms.
midi 再生

上記の譜面を分かりやすくする為に下のドの音を四分音符で演奏させました。midiでお聞きください。
Ms.
midi 再生


四分音符3つを4つに割った連符です。
Ms.
midi 再生


わかりやすいように低音をつけてみました。
Ms.
midi 再生



その他の連符

作曲者が表現したい様に自由に設定できます。
カデンツなどに多く使用されますが、その場合演奏する時にすべての音符が等分されるとは限りません。




 三連符と・・

良く出てくる三連符といわゆるスキップのリズムは完全に区別が出来ないといけません。
四分音符が 60 の速さでよくお聞きください。もちろん歌って! 

Ms.

midi 再生


Ms.

midi 再生


Ms.

midi 再生


Ms.

midi 再生





 おがわ式持ち方

 私はある時期まで独自にオカリーナを吹いて来たので、 他の人がどんな持ち方をしているのか知りませんでした。
 ある時オカリーナを紐でぶら下げたり、右手の薬指と小指ではさんだり、 右手の小指でトーンホール以外の所を押さえたりしているのを見てびっくりしました。  さっそく自分の持ち方と他の持ち方を検証してみましたが、 私の持ち方はそれらに比べて十分に合理的であると思い 「おがわ式持ち方」として皆様に勧めてまいりました。

「紐がないと落下が怖い」と言われる方もいましたが、 実際はひもに手など引っかけてかえって落下する事もあるとか・・・。
今まで「おがわ式持ち方」をお教えした方で演奏中に落下させた人は皆無である事は「紐は必要ない」と言えないでしょうか?また逆に紐に頼った不安定な持ち方のまま練習を進めていると、かえって進歩が阻害されるのではないでしょうか?

 指は音楽の為に出来るだけ自由であるべきで、出来るだけ楽器を支える事から解放してやりたいものですね。
 オカリーナの紐を付けている金属は、実は色を塗ったオカリーナをぶら下げて塗装し乾燥する為のものであったらしい・・?
しかし塗装するとオカリーナの音色は土の音と塗料の音が合成され、本来の土の音ではなくなります。  試しに貴方も要らないオカリーナがあればラッカーやニスを塗ってみると分かります。(すでに塗ってある物は駄目ですよ)

・・・もちろん私のオカリーナには金属の輪はありませんし、塗装もしていません

 




 それでは実際に持ち方を学びましょう。

簡単に「おがわ式持ち方」を説明すると「ソ」の音より上と下とでは持ち方を変えると言う事です。

「ソ」の音より下はあなたが今まで知っている持ち方で持って頂いて良いのです。
ただ、
「ソ」の音より上に行く時に右手親指を支点とし右手首を動かしオカリーナの右端を手の平で支えるのです。




右手親指を扇の要の様にして持ち方を変えるのですが、これを「手首の返し」と呼んでします。
注意する事は変える際に親指がトーンホールから離れない様に動かす事です。


この動作は高音域での指の為にするのと高音域の音が出やすくなる様にするのと音程の調節の為にします。
この持ち方により「指と音と音程」それぞれに良い影響を与える事が出来る様になります。






 「手首の返し」

  • 最初の「ソ」の音で手のひらで支える位置に持っていく。
  • 二つ目の「ソ」の音で元の位置に戻す。
  • それを繰り返す。(指が離れて音程が変化しない様に注意する)



課題1


さらに練習してみましょう!



右手の親指を支点として構える位置から支える位置へミストーンがない様に練習する。


これでどの様に持ち方を変えるかを理解できたかと思います。
この変えた持ち方から高音に行く為に二点支持を学びます。






 「二点支持」







この二点とは右親指の下(生命線の線上)と曲げた薬指の横腹です。

 オカリーナの高音ではすべての指を離す「ファ」の音があります。
 その場合指で楽器を支える事は不可能になりますので色々な支え方が工夫されている様です。
 その中でも「おがわ式持ち方」は高音の連続や跳躍などに対処する方法として最も合理的であるはずです。
 上記の二点での楽器の支持を十分練習してその運動性能をお楽しみください。


 実際の演奏では口を含めた三点で支持する事となりさらに安定しますが、 原理的に右手の二点で楽器を支える事が可能であり、 この事が大切なのでこの様に呼んでいます。





 高音の出し方

C管では高音が鳴り難いのです。
しかし、歌口を胸に近づける事により良く鳴らす事が出来ますので、この動作を理解しましょう。
オカリーナを吹きながら下を向く・・・この時に眼だけで下を見る人が多いのでご注意ください。 そして「手首の返し」と「二点支持」でより動作が楽になります。つまり右手首に負担が掛かりにくいのです。
歌口のエッジで発生する圧力を胸の部分で跳ね返すので、蝶ネクタイ等があるとこの作用を利用しにくくなりますのでご注意ください。(C管以外は歌口を胸に近づけないように・・・音が出なくなります。  C管以外は楽器を立てるようにしながら歌口を左に向けます。
最高音などでもう少し音を出したい時そして、少し音程が低い時に 上記の方法で音を出しながら「グッ・・と」お腹を引っ込めて下さい。
そうしたら音程が高くなるはずです。
これを、「ただ強く吹く」人がいますが、 その息とおなかの底からの息では「質」が違うので同じ音色にはなりません。



1990年頃の記憶では「歌口を胸に近づける」と言う動作は誰もしていなかったと思います。
(この動作も、「おがわ式持ち方」や「おがわ式コントロール」の一部なのですから当然ですね)
この奏法をホームページで発表すると「そんな事をしないと音が出ないの?」とか言われました。
そう言われた方は、強い「生息」で無理やり吹くオカリーナを使用いていた人でしょう。
そのタイプの人には「歌口を胸に近づける」と言う動作は必要ないのかも知れませんね。

そんな方の使うオカリーナを見分けるのは『楽器の体積』です。 同じ管でも体積がより大きいと言うのは同じ音程を出すのに強い息が必要なのです。 (必要な息のスピードが速いと言う事です)

そんな事もあり「C管は吹きにくいのでF管から始める・・」などと言う意見が多かったし、
「F管でオカリーナを始めるのが良い」と言うメーカーや教室も現れたのかもしれません。
・・・私は「オカリーナはC管から始める方が自然ではないかと・・」・・と思います。

 ご注意頂きたいのはC管以外では歌口を胸に近づけると逆に音が出なくなったりする事です。
 
基本であるC管の「おがわ式持ち方」では、高音吹奏時には《歌口外圧の胸の反射利用》と《楽器を支える為》に下を向きます。
しかし、C管以外の管では引力を利用する為に下を向きますが、《逆に歌口の胸との圧力反射は邪魔に成ります》から、 《歌口をすこし左の方に向けて》逃がしてやる動作が必要なのです。

そうする事によって、全ての管で「おがわ式持ち方」を実践する事が出来る筈です。
「おがわ式持ち方」を会得すると「おがわ式コントロール」で更にオカリーナの表現力が増します。





 低音の出し方

一般にオカリーナの低音は小さい音しか出ません。しかしその音を大きく聞かせる為の奏法があるのです。 「響かせ方」でも書きましたが、まずマリンバ(木琴の大きいもので鍵盤の下に太いパイプがついているもの)をイメージして下さい。
木琴の鍵盤で出た音はその太いパイプで共鳴してよく響きます。それと同じことを貴方とオカリーナでするのです。
オカリーナから出た音はあなたの体で共鳴されよく響く様になります。 その為に口や喉を広げお腹から空気を出すと「音程が低くなり」(実際に半音ほど)ますので、 さらに半音分空気を多く出す事が出来るので大きい音を出すことが可能となります。

( O-TONE の実際を演奏している YouTube のビデオで出している低音をお聞き下さい)

You Tube の著者の動画に"O-Tone"の吹き方のビデオがあります。


ここで貴方の演奏の為に本当に注目すべき事は低音の出し方なのです。

高音の出し方は、何となくできるかも知れませんが・・・?
低音は意識して訓練しないとできません!

You Tube の著者の動画に"O-Tone"で低音の「ラ」「シ」を、どの様な吹き方でどの様な音をだしているか、 その低い音は貴方の音と比べてどうでしょう?楽器は同じなのですよ・・。
上の説明などを参考に十分に観察して出来るようにして下さい。

基本は「歌う事」です。





 持ち方の練習


「手首の返し」の範囲と高音の為に胸に歌口を近づける範囲


 課題2

それではゆっくり音階を吹いてみましょう。

  • 最初の「ソ」の時に手のひらで支える位置にする。
  • 右の薬指と小指を塞がない様に気を付けて支える。


薬指と小指は軽く曲げ



手でトーンホールを塞いでしまうと音程が下がってしまいますので十分に気をつけて下さい。


 高音域と楽器の支えを練習してみましょう!



「ミ」の音の時に左親指は楽器の左端を持つ様にしてみて下さい。そして「レ」の時に離す。



この支え方で注意すること

右親指を支点として回転するときに親指は楽器から離れないようにすること。
右薬指と小指でトーンホールを塞がないようにすること。

出来ましたでしょうか?

基本的な「おがわ式持ち方」は上の様に、 右の親指を支点として手の角度を変え、薬指と小指を曲げトーホールを 塞がない様に気を付けて楽器を支えるのが「おがわ式持ち方」の基本です。 このまま高音を吹奏する時に下を向く様にすると引力から発生するモーメントを利用する事によって、 全ての指をトーンホールから離しても楽器は落ちないのです。


 「おがわ式持ち方」の利点はその動作に関連して 「おがわ式コントロール」で音程や音色それにボリュームのコントロールが、 よりしやすいと言う利点があると言う事なのですが、 それには上記の持ち方をまずマスターする事をお勧めいたします。

最初は大変でも何回も繰り返して確実にできる様にするときっと演奏が楽になります。







 おがわ式コントロール

「Ogawa Ocarina Control」おがわ式コントロール(オカリーナの可能性のために)

最近のオカリーナはだいぶ性能が向上してきた様です。以前は同じボリュームで演奏し、 音域によって音が小さかったり大きかったりするのが普通でした。しかも音程が不確実で、 それを無理に鳴らしたりすると、汚い音色になり とても許せない状況でありました。
そんな中で、私はオカリーナをもっと音楽的で自分自身が吹きやすい様にと思い,、 独自に工夫して作ってまいりましたが、楽器自体の問題だけでなく奏法としても 新しい持ち方や演奏方法を考えてまいりました。 その結果、自分の方法として使って来たコントロール方法を 「Ogawa Ocarina Control」おがわ式コントロール  として皆様に公開する事にしました。




 簡単に言うと

トーンホールに指が近づき過ぎると音程が低くなります。これは演奏に害があります。しかしこれを利用して 大きい音を出す時に高くなる音程を下げる為に右手のひらを使い音程を下げる事を 「おがわ式コントロール」と呼び、一般のオカリーナの限界を超えて大きい音が出すことが可能となります。
つまり、トーンホールの見かけの大きさ調整を手で行うという事で、 ある大きさのトーンホールに対して手をかざすとそのトーンホールの音程を低くすることが出来るのです。 それはおがわオカリーナでなくてもコントロールは可能ですが、 それを見越して調律される事により、効果は増す事になります。





 音程のコントロール

音程をコントロールする時に必要な事は当たり前ですが音程が解る事なのです。
自信がある方は良いのですがそうでない方は少し練習する必要があります。

練習方法

出している音の音程を変化させる練習 目的は最初に出した音を覚え、その音と少し違う音を出し、また最初の音に戻すのです。 これを息のコントロールでしたり、手のひらでコントロールしたり練習します。 実際の演奏の場合演奏している音によってはそのとき使っていないトーンホールを押さえている指でコントロールしたりします。

(「手首の返し」をしている時の手のひらを動かし右親指のトーンホール前部を開いたりします)





 息によるコントロール

以下の練習は全て息の強弱で行い音程をコントロールする。
  • 1小節目 最初に「ソ」の音を覚えその音を出す。
  • 2小節目 その音に対して少し上の音(半音まで上ではなくほんの少し上の音)を出す練習をする。
  • 3小節目 1小節目の音より少し低い音をだす。
  • 4小節目 1小節目の音に戻す。
  • 5小節目以降は、一音ごとに音程を上げたり下げたりして最後は元の音程に戻す。
譜面4

いろんな音で上記の練習をして、その変化する幅を確認して音域によりその幅が異なる事も学ぶ。
(強い息で音を出す様にしか考えていないオカリーナでこの奏法はきわめて難しいでしょう)
--ヒンデミット著 「音楽家の基礎練習」の応用です--






 手のひらによる音程のコントロール

基本的には音程を下げる事しか出来ない(工夫により音程を上げる効果も出来る)

上の楽譜で偶数の音を手のひらで半音下げると以下の楽譜の演奏となる。

譜面5


持ち方の項では、安定するとい言う事を重点に解説していましたが、本当はこのコントロールをする為の布石であったのです。従って、持ち方を正しくする必要があります。

譜面6


譜面7



譜面8







 強弱のコントロール

上記の事が理解でき、それをコントロールする事が出来ると、次の様に音の大きさをコントロールできます。
もちろん実際には穴の塞ぐ量や息もそのコントロールに使いますが、ここでは手によるコントロールの練習をして下さい。





応用 ピアノとフォルテ

譜面9
 フォルテの時に右手の平でトーンホールを塞ぐ様にして同じ音程を出す練習






 クレッシェンドとデクレッシェンド

譜面10
 連続的に変化させる練習(右手の平でトーンホールを塞ぐ量をコントロールすると以下の演奏が可能になる)





 その他の効果

 これまでこの方法を会得しようとまじめにがんばって来た貴方は、 この「おがわ式コントロール」を応用する事によってコントロール出来るのは 単にボリュームの変化だけではない事に気づいたはずです。

 基本的な「おがわ式持ち方」では右の手のひらは薬指と小指が基本的には曲がった形で楽器を支えますが、
楽器の保持に支障がない場合 その手のひらを大きく楽器の上にかざす事によって、さらに大きな変化があるのです。
それは、その手のひらのかざし方で音色や響きが変化するということす。
それらの効果は「おがわ式コントロール」に音楽的なコントロールする多くの要素を与えます。  もちろんそれらは外見で判断できる事柄だけでなく微妙な身体のコントロールをも必要としていますので、正しい指導や十分な訓練が必要です。
しかし、それらを複合的に応用する事によってC管オカリーナの欠点である高音域でも十分に音を響かせ、 更に音楽的に演奏する事が可能になったのはオカリーナファンにとって大変うれしい事です。

更なる右手の効用
オカリーナの演奏に於ける右手の平の役目は本体以外で容積を可変できる第二の壁である事が解るでしょう。 両方の手のひらを歌口にかぶせ音を出す"O-Tone" (Ogawa Tone)は この考えの進化したものであることは理解できると思います。




You Tube の動画 「おがわオカリーナ」の演奏が聴けます。

私の生徒の練習風景の方が「おがわオカリーナ」の音色の特徴の実態?をお聞きいただくことが出来ると思います。






おがわ式コントロールのまとめ


以上の方法をどの様に使い音楽的な良い演奏にするかは奏者の音楽性に任され、 音楽的なセンスに基づいて使わないとただの悪趣味な演奏になります。 十分な練習と音楽的な指導に基づいてできる事から始めてください。
きっといつか「オカリーナはフォルテピアノがつかない」と公言している方も この方法で演奏する時が来るでしょう。
もちろん、それに従い持ち方等も変化し、そしてオカリーナの形状(右手の小指の先が長いと言う) もきっと変化して来るでしょう。・・・しかし長い間についた癖はなかなか戻す事は難しいかも・・・。



==質 問==
 演奏会などで演奏者が微妙に上を向いたり左右に顔を動かしたりして、音程やニュアンスを変化させている様な 仕草を見ます、あれはどの様な効果があるのでしょうか?

 ==答 え==
 そうですね、  良くその様な質問を受けますが、息の方向はオカリーナでは変化させられませんし、  楽器の向きを変えても音程は変化しないのです。

 私もリコーダーの方がやっていたりするのをよく見ますし、そうしたくなる演奏者の気持は理解できます。  エアーウエイの長さによるかも知れませんが実際には何の効果も得られないと思います。

 ・・その他ご質問ご感想をBBS>にてお待ちしています。






 おがわトーン

特殊な運指(?)として
私の発案した"O-Tone"(オートーン = Ogawa Tone = おがわトーン)を紹介します。


オカリーナは普通本体の中の空気室にて音程が決定されますが、
それより小さい空気室をエッジの外側に手のひらで作るとその空気室の音程でエッジが機能します。
簡単に言うと高音の「ファ」より高い音が手のひらで作った空気室で鳴ります。

臨時に使用する音の出し方なので特に練習する必要はありませんが、 余裕のある方や特にその音が必要な方のみ練習して下さい。


普通の C管の音域


(オカリーナの実音はオクターブ上です)


しかし、"O-Tone" 奏法で普通の C管 で高音のGからCまで発音可能です。
から 位まで。


実際に吹いて見ましょう。
かなり熟練を要しますが、高音のファより上の音を出すのが可能である事をご確認ください。

・・聞く



実際の演奏例
G音からオクターブ上のG音に上がります。

曲名 Sophisticated Lady DUKE ELLINTON 作曲 (お友達の会にて全曲聞く事が可能です)


・・聞く

You can hear "Ogawa-tone" by this performance.
"Le Cygne" : Saint-Saens


演奏方法

演奏方法は簡単でオカリーナの歌口を両手で部屋を作る様に囲みます。
その両手の容積を変化させて音程を決定します。






You Tube の著者の動画に"O-Tone"の吹き方のビデオがあります。



 この方法はOgawa Kenjiが発案し演奏やレコーディング等に使用していましたが、
私のCD等をお聞きに成り、その演奏方法を教えて欲しいとの要望が多いので、
"O-Tone"(オートーン = Ogawa Tone)と命名して発表しました。
(この「O」は英語の Outside Others そして発案者が Ogawa Kenjiの「O」です)






 指の練習

指の練習(Finger Exercise)は単に指が合理的で正確に動くかどうかだけで練習するのではありません。
フルートではモイーズの有名は「デ・ラ・ソノリテ」がバイブルの様になっていますが、 オカリーナでも「デ・ラ・ソノリテ」の名前が示すような練習をしたいものです。
現在オカリーナではその様な目的の練習課題を課しているいるメソッドは私の知る限りありません。
(・・まともなメソッドの存在すら知らないですし、形の上であったとしても意味は全く違うでしょうね)
ここにある10小節には、おがわオカリーナの奏法のエッセンスが全て詰まっていると言っても過言ではないのですし、
この後に出て来る「インターバル」の練習と合わせて練習して下さい。




この楽譜は前にも出しましたが、いかに速く吹くかではなく正確に必要な動作をする事と、その意味を理解して実行出来ているか?が重要であります。
単に吹くだけではなく意味を把握しその実現の為に更に練習の楽譜を分解したり展開したりして 練習に応用すべきなのです。 ・・・ちょっと考えると以下の様な課題があります。

おがわ式持ち方
立ち方
構え方
手首の角度
おがわ式コントロール
音程のコントロール
音色のコントロール
高音の出し方
低音の出し方
音程の下げ方
響く音の出し方
高音での圧力のコントロール
音程が下がらない様に保つ方法
響かせ方


音程の下げ方
音程が下がらない様に保つ方法
音色のコントロール
高音での圧力のコントロール
・・等

なんて書いてしまいましたが、
この「おがわオカリーナ奏法」の目次に記載のない言葉がありましたね!!
詳しくは載せていませんが、どれも他の項目で少しだけ触れています。

私の奏法を自分で考案したように書いている人がいるそうです。
かなしいことですね!
どちらにしても素人の助言ほど困ったものは有りませんのでご注意を!




 インターバル


Intervalとは「間隔」の事で、音楽では音と音の「跳躍」の事をさす事が多いようです。

 実際の演奏では音と音の間隔が広がれば広がるほど音色を合わせたり、滑らかにレガートで演奏したり、 音程を正確に保つ事は難しくなります。ここではあらかじめそれらを練習しておくといざと言う時に楽に吹けたりします。
一つ一つの課題を連続して練習する場合と二つの音を取り出して正確にできるまで何回も練習する必要があります。
これ見よがしに早く乱暴に吹いても何の意味もありません。
今まで学んで来た奏法を全部思い出して十分に響く音で正確に演奏すべきです。





練習番号1 から 3 は低音を出す練習です。

オカリーナの低音は不安定ですから安定している音から不安定な音へ 順番に出して行く事によって
出難い音を出すのです。

かなり上達した人でも低音になると音が不安定になり震えたりして、せっかくの演奏が台無しになる事があります。
それを改善する為に注意する事は呼吸法で、肺の中に溜めた空気を腹筋と背筋を使い 「にらめっこ」の様に(同じ息の圧力を安定して保つ)出すのです。
決して風船を膨らます様に吹かないで下さい。

「低音の出し方」のところで書いたように低音域で大きな音を安定して出すことが出来ます。
肺・喉・口を広げお腹から空気を出す事によって音程を下げる事が出来ますので、 その分だけ良く響いた大きな音で演奏する事が出来ます。

上記の事を留意しながら段々低い音を出して行って下さい。









それが出来たら!
練習番号 4 を吹いてみて下さい。

ここでチェックする事は 
最初の「ド」の音と最後の「ド」の音がオクターブの関係になっているかどうかです。 下の「ド」の音が高くありませんか? しっかりした音で鳴っていますか?
  低音に行くに従って「1」から「3」で練習した動作(上で説明した事)が出来ていますか?



練習番号 5 から 7 低音に行く練習で目標の低音を十分出す

その後にオクターブ上の音を出し音程を確認する。低音を出す動作の確認をする









練習番号 8 から 10  「5」から「7」の逆である。

跳躍して低音を急に出す練習です。
低音を出す為(共鳴させる為)の体のコントロールを一気にするのです。
もちろん全てのトーンホールを正確に塞ぐ練習もして下さい。
動作が遅いとグリッサンドの掛かった音の動きになりますのでご注意下さい。








練習番号 11 インターバルの練習の低音版です。  ゆっくり練習して下さい。

指に力が入っていとオカリーナとの摩擦力が大きくなり、指は動かしにくく なりますので、
トーンホールを塞ぐだけにして下さい。



練習番号 12  ここでは 「♭シ」の音の練習です。

この組み合わせは良く出てきますので、
最初はゆっくり力を抜いて動かす練習をして下さい。



練習番号 13  「レ」の音を中心にした練習です。

「レ」から「シ」に行く場合中指が伸びながら小指を押さえると言う二つの 動作を同時にしないといけません。
中指は「シ」の音にする為に曲げて押さえている指の形を伸ばす様に 「シ」の音を押さえます。
(この動きだけ先に練習して下さい)

この譜面最後の「ラ」から「レ」に行く動きは、特に「ラ」の音をたっぷり吹けるよう練習してください。





練習番号 14  余り出て来る動きではありませんが、
アンサンブル等では突然出てきたりしますので良く練習して下さい。

この練習で一番問題になるのは「♭レ」の音です。
音程を取るのが難しく、繰り返して出て来た時に元の「♭レ」の音程を
出すのは自分の頭の中にその音程が響いていないと無理です。




練習番号 15  これは何も問題が無いでしょう!!  あはは




練習番号 16 やはり「♭レ」の音程を気をつけて下さい。
「♭ミ」の運指は 12345/123○5 を使ってみて下さい。
「♯ファ」は音程が難しいですが、取りあえず右の3と5の指が同時に 上がる様に注意して下さい。




練習番号 17  「♭レ」を中心に「ミ」「ファ」「ソ」に跳躍する練習です。

  最初に注意するのは「♭レ」の音程です。
まずこれをしっかり出しましょう。
次に、中指は「♭レ」の為に伸ばしていますが、「ミ」を吹く為に手前に 引き寄せながら薬指を上げる動作をしなくてはなりません。
「♭レ」は穴を塞ぐ為に強く押さえてはいけません。必要最小限の力で押さえて下さい。
よくあるいけない動きは中指を楽器本体から離してまた押さえるという動きです。 (途中に別の音が混じるでしょう?)
「♭レ」の音はものすごく不安定な音です。
まず自分の声で歌ってみてから練習しましょう。
 


練習番号 18  17より幾分易しいかも知れませんね。

ここで簡単な指を使う練習をしてみましょう!
「♭ミ」はいろんな替え指が考えられますのであなたも考えてみて下さい。
こんな指は如何ですか?

イ) 1 2 3 4 5 / 1 2 3 O 5
ロ) 1 2 3 4 5 / 1 2*3 O O
ハ) 1 2 3 4 5 / 1 2 O 4 O  ←これは下の( )内参照!

(私の運指表に 1 2 3 4 5 / 1 2 O 4 5 と載っていましたが間違いです)

この三番目の間違っていた運指を使うと楽ですよ。
これで大いに悩んだ人がいたとしたらごめんなさい!
 


練習番号 19  これも上の運指を使えば問題ありません。
低音の演奏方法を会得する事が最重要ですよ!
音程や音色が安定する様に練習して下さい。
 


練習番号 20  ファの♯の音がちょっと注意を要しますが特に問題がある箇所はありません。
ですからここでは指の動きそのものを注意してご覧下さい。

貴方の「指の動き方」を良く観察して下さい。
指はアーチ状になったまま指の付け根から動いていますか?
つまり、付け根の関節以外が動いていませんか?
手の平をテーブルの上に付けて開き、そのまま指を上げる時、真っ直ぐ伸びた指の付け根の関節以外は動きませんね。それが指の正しい動かし方です。
意外にいけない動かし方をしている方が多いのです・・・はは
 


練習番号 21  「♭ミ」から「♭ラ」に移行する時

 「♭ミ」  イ)の運指  1 2 3 4 5 / 1 2 3 O 5
 「♭ラ」  1 2 3 O 5 / 1 O 3 O 5
 を使うと楽かも知れません・・・試してみて下さい。
 


練習番号 22  まずファの♯の運指をキチンと把握して下さい。

 「♭ミ」  ← 1 2 3 4 5 / 1 2 3 O 5
 「♯ファ」 ← 1 2 3 4 5 / 1 O O 4 O
 この二つの組み合わせが基本です、後はその応用です。
 


練習番号 23  ここまでやってきたらこれが簡単と思えるでしょう。




練習番号 24  これも同じですね!




練習番号 25  

この練習はちょっと面白いのです。
何故なら始まりが「ファ」で終わりが「シ」だからです。
今までと全く違うのはその音程関係にあります。
普通の四度音程は完全四度といって半音一つと全音二つの間隔がありますが、これには全音が三つあります。
あなたは何も感じないかも知れませんが、 昔は非常に嫌われた音程で「悪魔の音程」などと言われた事もあったようです。

その証拠に、モーツアルトのアンダンテの旋律中にあるこの音程の場所は
その曲の中で一番緊張した場所なのです。

・・・まぁ・・そんなことを感じながらやってみて下さい。



練習番号 26 

25番に比べると感じが違うのが解りますか??
・・・解らなくても結構ですよ・・あはは



練習番号 27 

これは基本的には「ソ ラ シ ド」の練習なのです。
つまり跳躍しながらあなたの中で「ソ ラ シ ド」と順番に音を充実させていってください。
特に「ド」の音が痩せない様にして下さいね。




練習番号 28 

ちょっと試してみて下さい。
 1 O O O 5 / 1 2 3 4 5   ← 「♯ソ」
 1 O O O 5 / 1 2 3 4 O   ← 「ラ」
 1 O O O 5 / 1 2 3 4 5   ← 「♯ソ」
 1 O O O 5 / 1 2 0 O O   ← 「シ」
 1 O O O 5 / 1 2 3 4 5   ← 「♯ソ」
 1 O O O 5 / 1 0 0 0 0   ← 「ド」
 1 O O O 5 / 1 2 3 4 5   ← 「♯ソ」

こんな指使いでも吹けませんか?
もちろん微妙な音程調節は必要ですが・・・。

困難な運指に遭遇したらこんな風に工夫して下さい。



練習番号 29 
元に戻ってちゃんとした運指でやって下さい。 音程が難しいですからまず最初に歌ってから・・・練習して下さい。

私はほとんどの場合「♯ド」の時この運指を使います。

 O O 3 O 5 / 1 O O O O    ←  「♯ド」
 



練習番号 30 

もちろん 「♭レ」 と 「♯ド」 は同じ運指です。



練習番号 31 

「ラ」の音は一般に響きやすい音ですが上の「レ」は響きが変わりやすいので、 特に音色をそろえる事を意識して下さい。

まず、「ラ」の音を口、喉、肺を大きな一つのバッグとして感じ、 それをラの音に共鳴する様に広げます。
その響を上の「レ」まで音色が変わらない様に注意しながら吹いていきます。



練習番号 32 

31の練習と同様に音色を求めるのですが、 音程も不安定になり易いので特に注意して下さい。

私は下の運指を良く使いますが「おがわ式持ち方」や「おがわ式コントロール」 が出来ていないと難しいかも?
 O O O O 5 / 1 O O O O 「♭ミ」
 



練習番号 33 
高音の「ミ」「ファ」では音程が低い時が多いのですが、そんな時はお腹をへこます様にしてみて下さい。
音程が上がりませんか???



練習番号 34 

高音でオカリーナの響が変わりますから余計に自分の体に響かせる
音色のコントロールを大切にして下さい。



練習番号 35 

手首を返す事と下を向き楽器を支える練習を十分に!

(C管以外は歌口を胸に近づけないように・・・音が出なくなります。
 C管以外は楽器を立てるようにしながら歌口を左に向けます。これを「スカス」と言います・・・あはは)
 

 

練習番号 36 

オクターブの練習ですが。
音色をコントロールしながら出来るようにして下さい。



練習番号37 

これをおがわ式以外で出来る人がいたら聞かせて下さい。


あはははーーー。








 特殊奏法


通常使わない奏法はすべて特殊奏法ですがここではちょっと進んだら使うかもしれない奏法をご紹介します。



 ポルタメント

ポルタメントとは二つの音の間で音程を変化させながらレガートする演奏方法です。

指で直接トーンホールを塞ぐオカリーナでは指をゆっくり動かした時に特に音程の変化を感じると思います。
これはオカリーナの原理に有る様に全体の体積に対する見かけの開口部の大きさの変化によるものです。
これを意識して音楽的に利用する場合ポルタメントと言います。
実際には息のコントロールと共に指の開閉をコントロールします。

ポルタメントの効果は使い方によっては品が悪くなる恐れが有ります。
初級者の演奏で良く聞く事が出来る遅い指の動きによる音程の変化はポルタメントとは呼びません。
あくまで音楽的欲求による演奏効果を言います。

ポルタメントとグリッサンドを混同しないで下さい。
(他の楽器ではキーのシステムによるトーンホールの配列とかトーンホールの大きさの関係でトーンホールを機械的に塞ぐ事が有ります)

実はフルートでも音楽的な演奏な場合、自然に多用していますがほとんどの方は知らないかも知れませんね。
ある音からある音にレガートで移動する場合ほんの少しですがその音と次の音を変化させます。
つまり・・・角を落とす(ほんの少し音程を変化させる)事によりレガートに聞こえるのです。
その奏法はどんな音楽にも音楽的に使えますが、当然、良い指導者の下で訓練すればオカリーナでも使えます。

息でコントロールする方法とトーンホールを押さえる指をずらす方法の二つがあります。
音楽的な演奏している人は指も音楽的な動きをしているのは上記の理由によるものでしょう。


実は貴方がオカリーナを演奏する時にこのポルタメントとグリッサンドを知らない内に使ってしまっているのです!?

変な言い方をしましたが、オカリーナの原理からその様な変化が起きやすいのです。
(最初に出す音の所でオカリーナはトーンホールの塞ぎ方が不完全でも音が出てしまうと言いましたが、 それと原理は同じなのです)

これはオカリーナの特徴であり長所なのです。それを利用しないのは「宝の持ち腐れ」であると思いますが、その変化を利用しすぎたり多用すると極めて趣味の悪い音楽になりますからご注意ください。
 



 グリッサンド


グリッサンドとはポルタメントより多い音の間で連続して音程を変化させる奏法です。
ピアノの場合は鍵盤を手で擦る様にして演奏します。それぞれの楽器によってその効果も変化します。
管楽器の場合はそれぞれ細かく変化できる場合と半音でしか変化できない場合があります。
大抵、作曲者はその楽器の特性を熟知していますからほとんど問題なく演奏できます。

管楽器で有名な旋律はガーシュイン作曲「ラプソディインブルー」のクラリネットソロがあります。  

 



 タンギングの種類


ダブルタンギング
シングルタンギングでは演奏できない位速い場合に使います。
「tktk」などと演奏します。一般に「t」より「k」の方が弱いので、「ktkt」と練習すると良いでしょう。


トリプルタンギング
やはりシングルタンギングでは演奏できない位速い場合
「tttttt」と演奏すべき所を「tkttkt」または「ttkttk」と演奏したりします。


フラッターツンゲ
震える舌の事で息を出しながら「frrrrrrrr」と舌を震わせます。
喉で「rrrrrrrr」と演奏する場合もあります。






 音楽的な演奏の為に

オカリーナはその構造上音楽的な演奏は難しいとされて来ました。
しかし、錯覚を利用したりして、ある程度できる事もあるのでここでそれをご紹介します。
もし、その演奏を聴いている人が自分の音楽を持っている場合、
あなたの演奏はその方の中に生まれている音楽と比較され、当然、不満を感じるはずです。
しかし、その方が自分の音楽を持っているとすれば、 貴方が表現しようとしている事を察知する能力も備えているはずで、 オカリーナの限られた能力の中で努力しているあなたを称賛するでしょう。




 重心音


重心音と言う言い方はあまり普及していないと言うか、私だけではないかと思ったりしていますがどうなのでしょう?
しかし、言葉が普及しているとかいないとかは関係なしに重心音は存在するのです。
貴方もその存在に気がついているかも知れませんね。

物には必ず重心があることはご存知ですよね。それと同じように音楽の各動機にも重心があり、 その集合であるフレーズにも存在するのです。
音楽を勉強していくとその位置の存在をすぐに感じられるようになり、 自然の法則によって音楽出来るようになるのです。

初見での演奏時でも演奏を始めた瞬間に重心音はどれか感じるはずです。  もし貴方がその音を分からない時はじっくり「歌って下さい」必ず分かるはずです。


重心音の特性
重心音はほかの音にない特性があります。 その特性を列記してみますので参考にして下さい。

名前の通りそのかたまりの中で
・ 一番重く感じる。

重心音に向かって
・ テンポは速くなる。
・ 音は大きくなる。

重心音から遠ざかるに従って、
・ テンポは遅くなる。
・ 音は小さくなる。



 私の弟子がジュリアード音楽院で担当の教師と話をしたところ「フォーカスポイント」と言ったそうです。  知り合いがドイツの師匠に聞いたところ「シュベアープンクト」と・・・ただ音楽用語として存在するのかどうかは知りません。  





 動きの把握

 音の高さと長さ・・・それに強弱・・あとテンポだけで演奏していませんか?

 譜面通り演奏すると言う事は非常に大切な事です。
年を取って来ると余計にそのことが重要に感じるのは何故でしょうか? しかし、その事と動きを感じ演奏すると言う事は全く矛盾しないのです。  それは、音楽は必ず動いていて静止していると言う事はありませんし、 譜面で音符やその他の記号が示しているものが二次元でなく立体に感じられないといけません。

どれだけ豊かな色彩とニュアンスを持った動きをイメージできるかがあなたの音楽を決定します。
自分の中から発するイメージの要求がなくて演奏はありません。
・・・つまり、それがない場合、貴方が演奏する意味がないのです。

 譜読み
譜面を読むと言う事は作曲者や樂曲の背景・歴史などアナリーゼを研究するだけではなく、
上の重心音と立体的な動きそしてその構成を真剣に考えることなのです。
音の長さや高さそれに速さ位しか考えなかった貴方!
ちょっと考え直してみましょう。  新しい世界が広がるかも知れませんよ。





 錯覚奏法

 演奏する会場は良く響く所だったり全く響かなかったり様々ですね。
そんな時に同じ演奏はしません。よく響く会場では少し音を短めにしたりする事もありますし、 良く響かない所では少し長めにしたりする事もあります。
演奏者は自分の音を聞きながら自然にその判断をします。 従って、それについて奏法として説明するのは余計なお世話かもしれませんね。
しかし、ほとんどの方は何故自分の演奏と私の演奏が違うのか理解できない人もいますからあえてご説明いたします。
しかし、プロの間ではこんな事は常識であり単純な事なのです。
ほかにもまだいろんな表現方法があると思いますご自分でお考え下さい。



フォルテ
オカリーナはほんの少ししか表情をつける事が出来ません。 この事は他の楽器を演奏していた者としては本当に歯がゆいものです。 しかし、私のフルートの経験からして出来る事もあるので、それをご説明します。

同じ音量の音(息の量を変えないで)でも大きい音として聞かせる為にどの様にしたら良いのでしょうか?

・アタック、タンギングを強くするのです。
・音を長く吹く
・ビブラートをかけ強調するなど

たったこれだけの事でその音は目立ち大きく感じるのです。



ピアノ
上の「フォルテ」の説明でお分かりの様にその逆を行けばよいのです。 つまり、弱く表現する為には・・。

・アタック、タンギング強くしない(弱くすると書くと息まで弱く成ります)。
・音を短めに吹く。
・ビブラートをかけないなど



クレッセンド
これは上記の方法とビブラートを併用して使う事によって表現出来ます。

・ピアノではビブラートの振幅や周期をほとんど小さくし
クレッセンドと共に振幅や周期を大きくしフォルテにします。
これでほんの少し表現が出来るようになりました。

デクレッセンドは逆ですから省略します。


ちょっと話はそれますが音量について錯覚している人が多いので一言
大きい音を出す人は音色より音量に魅力を感じているのでしょうか? ・・・・・・




 三人の自分

 演奏家の長年の夢は「一回で良いから自分の演奏を客席で聞いてみたい」と言うものが多いです。
その夢は幽体離脱でもしないとかなえられませんね。  結局それが出来ないのでホールなどでは反射して返ってくる音に注意したりします。
(すると各楽器の音には方向性があることに気がついたりすると思います)

演奏する時大抵の人は心から音楽をすれば良い演奏が出来ると言っているようです。
本当にそうでしょうか? そのような真似が出来るのは本当の天才に限るのではないでしょうか?
大抵は自分の感情にまかせた大げさな演奏が多いと思いませんか?
もっと気になるのは天才の演奏をまねた演奏やわざと演出された身振りや誇張した演奏に嫌気を感じるのは私だけではないでしょう。
 
少し話がそれましたが、演奏する時に実際に演奏している自分の他に その自分を指揮している自分 そしてそれを冷静に観察し批判している自分 この三人の自分が必要なんです。
 
 一人目の自分は演奏をしています。
 二人目の自分はその演奏を指揮者の様に構成し表現しています。
 三人目の自分はその演奏を客席から批評家の様に客観的に聞いています。
 
この三人の自分が協力し合ってこそ良い演奏になるのではないでしょうか?
貴方も練習中からこの三人で協力して効果的な練習を実現して下さい。





 ちょっと考察

作曲家が大いに悩んで・・、
または気軽に(?)作った曲にはいろいろなものがあり、
それを演奏する人は楽譜をもとに色々な事を考え感じるのです。

ここではもっとも簡単な考察?(アナリーゼ?)その一端を皆さんにお見せします。



さてこの旋律はみなさんご存じの曲ですがわかりますか?



「なんだ?音階ではないですかぁ」
はいそうです! 

だいたい音楽は音階と和音で出来ています。

ちょっと、その音階を聞いてみましょう。

midi 再生


あははー これを、拍子をかえて途中にちょっと音を加えると・・・・。



こんな風になりました!
この曲はご存知ですか?
聞いてみましょう!

midi 再生

「なんだぁ・・この曲知っている」
でしょう?  そうです。レスピーギの古代舞曲とアリアより「シチリアーナ」ですね。

最初の音階に赤色の丸をつけてみますと・・。
次のようになります。



どうですか?
最初にお見せした音階でしょう?
こんなに簡単に曲が出来ているのです。

次にこの譜面を見てください。
スメタナの我が祖国より「モルダウ」です。

midi 再生

・・単なる音階ですね・・如何でしょうか?

そんな風に言うと・・・あの大天才モーツァルトの曲は単純な音階と和音で出来ていると言っても過言ではありませんが、 だれも彼の様に作曲はできないのです。

モーツァルトの話が出ましたので、ここで宿題です!

この本の最後にあるモーツァルトの「アンダンテ」の最初の部分がどの様に出来ているかを ご考察下さい。
(これが吉田雅夫先生に教わった最初のアナリーゼです。各音の機能を言え・・・とか)


さて、これで終わりません・・やさしいお勉強しましょう。

・上の楽譜「シチリアーナ」の重心音はどの音ですか?(重心音の項参照)
・重心音の特性を考えて歌ってみましょう。

・「モルダウ」の旋律で重心音はどれでしょうか?
・重心音の特性を考えて歌ってみましょう。

・なぜこの旋律が心を打つのかその理由を考えてみましょう。
・「シチリアーナ」と「モルダウ」は同じように出来ているのになぜこんなに違うのか考えて下さい。


「ふーーん」と読み飛ばした貴方・・ちゃんと実習しないと意味がありません!!






初級演奏家資格試験


かなり昔・・・、フルートオカリーナ館の「お友達の会」にこの問題を出しました。

なぜこのような問題を出したかと言うと、オカリーナであなたがこの音楽を演奏しようとした場合に、
作曲者の事や曲名またはそれらの時代背景等を適当に調べるでしょう。
そして、それらの資料を「ふーん」と読み何も考えないで演奏することが多いかと・・・。

もちろん何も考えず間違いすることなく音符通りに吹けばある程度の再現は出来ます。

しかし、それが上手く行っても、全く非音楽的でつまらない演奏になる可能性が大きいのです。
またそれとは反対に自分の感情に任せ演奏した場合、意味不明で悪趣味な醜い演奏になる場合が多いです。
(もし、あなたに神が与えた天賦の才能がある場合はそれでも全く問題がないでしょう)

私や貴方はおそらく天才ではないと思われるので、
きちんと譜面を読み絵図(作戦設計図)による具体的なそれぞれの部分に対するイメージを完成させ、
もう一人の自分(三人の自分参照)である先生?指揮者の指導を演奏中にも受けながら演奏するべきなのです。

その為の考え方の一端として楽曲に対する考察の一環として参考にしていただきたいと思います。
あなたが他人の真似をしないで、それぞれの曲を演奏する意味がどこにあるかを認識するうえでも
この様なアプローチも一つの方法かもしれません。





この曲名は?


この曲の作曲者は誰か?


どこの国の作曲家?


ブレス位置を全て書け(1小節番号の1拍目の後・・の様に)
上の譜面を保存してアクセサリーの「ペイント」で開き青色でマークしても良い。注意参照


不満なアーティキュレーションは何処かその理由を書け。


譜面の間違いとその理由を書け。




題名の「OOのXXに」に付いて
■OOとはどんなOOなのか具体的に説明せよ。



■XXとはどれ位XXなのか? その答えと理由を書け。


■この曲を大きく二つに分けるとすると、そこは何小節目か?
ブレスの問題の様に「ペイント」で赤色でスラッシュを入れても良い。注意参照


前半の旋律を四つに分けるとしたらどこか?
「ペイント」でその各フレーズの最初の所に赤色で1〜4数字を入れて区別しても良い。注意参照


1の部分では作者は何が言いたいのか?


2の部分では作者は何が言いたいのか?


3の部分では作者は何が言いたいのか?


4の部分では作者は何が言いたいのか?


後半は前半に比べてどこがどの様に変化しているか?


何故その様な変化があるのか?


各問いに対する配点は採点者の気分によって変わる・・はは。
  もちろん、この試験は冗談です・・・・たぶん?







 練 習


Lesson 1 から Lesson 4 までは ALTES FLUTE METHOD から引用してあります。
フルート用よりオクターブ低く変えて引用してあります。
基本的な拍子( 2/2 2/4 4/4 3/4 )と基本的な音符の読み方ブレスそれに
「持ち方」や「高音の出し方」をみっちり学んでほしいのです。



二度と三度の進行

1番 最初は二度進行(順次進行)オカリーナを吹く人にとっても嫌な指の動きです。
   ここで指の付け根から動かして途中の関節を動かさないと言う指の動かし方の基本を
   みっちりとさらって下さい。もちろんおがわ式持ち方で始める。
   
2番 「ファ」の音に行く時に手首の返しを実行する。

各課題の初めに持ち方を確認する。



7番 ハ長調音階の下行形と上行形です。

8番 3度の下です。 同時に動く指が同じタイミングで動く様にして下さい。

9番 「レ」の音に移行する時に歌口を胸に近づける動きの練習です。





Lesson 1



10番 2/2拍子(二分の二拍子=一小節の中に二分音符が二つある拍子)ですから一小節を二拍に数え、 4小節単位でブレスをして下さい。 テンポは一拍=100ぐらい Allegro です。




小節毎に休符がありどこでも息が吸えますが今までのフレーズで息を吸ってください。


Lesson 2

2/4 拍子です。2/2 と同じ様ですがこの様に違う書き方は沢山存在しますので慣れるようにして下さい。
4小節で一回ブレスをすると良いでしょう。













Lesson 3







符点四分音符は三拍分ちゃんと数えてください。
これは「三連符と・・」に出てくるスキップのリズムと同じです。












Lesson 4

3/4 拍子です。
この練習曲のVar(バリエーション)には大切なリズムが出てきますので十分に練習して下さい。














 練 習 曲

 ここに私の好きな曲の楽譜の中から一部を置きます。 当然のことですが、音楽に素人用とかプロ用はありませんので、素人の方は出来上がるまでのプロセスを プロの方より長く味わえる特権があるし完成までの時間制限もございません。
 それぞれが美しい曲で難曲でもありますが、この「おがわオカリーナ奏法」の中で ご紹介した奏法をいかに使いコントロールするかの実践をして下さい。  是非とも貴方のチャレンジを期待します。

簡単な解説や参考wavそれに伴奏等は「お友達の会」にあります。

youtubeに置いてある参考資料ですご参照ください


Shinichi Yoshizawa =Sabisigeni= =Komoriuta=
吉澤真一作曲 「さびしげに」「こもりうた」







Georg.Friedrich.Handel = Largo (ombra mai fu)
G.F.ヘンデル作曲 「ラルゴ」(オンブラ マイ フ)






Georg Friedrich Handel Sonata g-moll 1st mov
ヘンデルのソナタより ト短調






Georg Friedrich Handel Sonata a-moll 1st mov
ヘンデル作曲 ソナタより イ短調






Johann Sebastian Bach = Ouverture No.3-2 Air
J.S.バッハ作曲 「アリア」(G線上のアリア)






Saint-Saens "Le Cygne"
サンサーンス 「白鳥」






"Nocturne" Op.43-2: Gabriel Faure
ガブリエル・フォーレ: 「夜 曲」  Op.43-2






2Elegiske Melodier"The Spring" Op34-2: Edvard Hagerup Grieg
グリーグ : 「春」Op34-2






W.A.Mozart (1756-1791) "Andante K.v.315"
モーツァルト 「アンダンテ k.v.315」




この曲のカデンツのを演奏した時のメモです。
本来貴方が即興で作曲して演奏するもの???事前に用意しても構いませんよ・・あはは。





c.p.e.Bach "Solo Sonata 1stmov"
カール・フィリップ・エマヌエル・バッハ作曲 ソロ ソナタ 1楽章





これらの楽譜をもっと増やすには・・・私のサイト「フルート オカリーナ館」の「お友達の会」にご入会頂きますと、さらに多くアンサンブルを含む楽譜や資料をご利用頂けます。入会は無料ですので是非ご入会して頂き ご一緒にオカリーナを楽しみましょう。





 お 手 入 れ


使い終わりましたらきれいな布で軽く拭いて下さい。
 よほどたくさん練習しなければ乾燥させる必要はありませんが、 空気の通る所で新鮮な空気を通してあげて下さい。

猫などの動物を飼っている方や小さい子供さんがいる家庭は乾燥時の事故に気を付けてください。

歌口やエアーウエイを綺麗にしようとコヨリなどを差し込んだりその部分を擦ったりしないで下さい。

オカリーナ本体にマジックで名前を書くのも考えられませんが、オカリーナに色を塗ったりニスを塗ったりは絶対にしないで下さい。

消毒と言って沸騰したお湯に入れた人がいるとか?? これも考えられません。

「常滑の急須」の様に使い込む程、音や色に味が出てきますが、ある時突然 少ない衝撃でも「ポロッ」という事もあります。 取扱いには特に気を付けてください。




 たくさん吹く人

オカリーナは素焼きで仕上げていますから吸水性はありますが、
エアーウエイなどにあまりに沢山の水分が含まれると飽和状態になりエアーウエイに水分が出て 音詰まりになる場合があります。そんな時は乾かしてからご使用ください。
エアーウエイに食べカスなどが詰まる場合もありますので食後はよくうがいをしてからお使い下さい。




 あまり練習しない人

ほとんど練習しない楽器には逆に水分が少なすぎて音が軽くなってしまいます。
私の説ではオカリーナの胴体は共鳴と遮音の相反する効果が期待されるのですが、 練習されない楽器ではあまりに水分がなくなり胴体が軽くなり、胴体の重量が減り遮音効果が少なくなるのです。

その為だけでなく、毎日少しずつ練習するのが貴方にも楽器にも音にも良いのです。



 音 程

オカリーナには音程の調節機構がありません。
他の管楽器の様に全体の音程を調節する機構を数種類考えましたが、実現させると気分的にオカリーナらしくなく現在もそのままです。  海外でも同じことを考える人がいたらしく同じ様な機構のついたオカリーナの写真などがあります。
しかし、幸いな事にオカリーナは音程が悪いので最大200セント(100セントは半音一つ)位の変化が出来るのです。
つまり、変化できる音程の中心で吹いていたとしたらその半音上と半音下で演奏できるのです。
 これが現実に演奏できるかどうかは使っている楽器次第ですが。話半分でもずいぶん変化します。

・・・と言う事は、調整なしでも音程をある程度合わす事が出来ると言う事なのです。
現実にはその度合いと合わせ易さ(歌口の良し悪し)がその楽器の良しあしの基準の一つでもあるのです。




 温度による変化


楽器は気温20℃の時に標準ピッチになる様に設計するのが普通です。
従ってそれより温度が低いと楽器は小さくなり音程が高くなりそうですが
実際は空気はもっと縮んで音程が低くなるのです。温度が高くなる場合も同様に高くなります。
この変化は意外に大きいので、ソロ以外のときは温度の保持には十分お気を付け下さい。




 音 程 の 調 整

音階を吹いてみた時に音程が気になる場合があります。
その楽器の音程が本当に悪い場合とそうでない場合があります。
それが判断できない場合は絶対に調整しようと思わないで下さい。
原因は沢山ありますから素人判断で調整しないで下さい。
アンサンブルなどでも音程が合わない時はその合わない原因を的確に掴んで下さい。
調整できる範囲の判断は簡単につきますのでその上で先生に調整をしてもらってください。
でも少しだけ判断の仕方を教えます。


全体の音程が気になる場合で、どうしても楽器全体の音程が・・・

・高い場合
吹き方が悪い場合があります。 吹き方によって音程が上がることがあります。
そうでなくて、どうしても音程が高い場合は一番低い音を犠牲にして最低音のトーンホールを 少し埋める事になります。 場合によっては最低音が「A」から音程が上がってしまいますが、 その範囲によっては吹き方でコントロールできます。


・低い場合
やはり吹き方が悪い場合が多いのですが上と逆で最低音のトーンホールを削る事になります。
すると最低音は「A」より低くなりますが、全体の音程は上がります。

高い場合も低い場合も調整によって全体のバランスが狂う場合がありますので、 その検査を忘れない様にして下さい。


・ある音の音程が気になる場合
基本的に押さえ方が悪い場合を除いてその音程が悪い時は、 吹いている人の「音感」に問題がある場合もありますから、その原因をよく確かめて下さい。
楽器本体の音程が悪いと思われる場合でも、 製作者が意図的に y=ax という以外の調律をする場合もあります。
その事を除いても音程が悪いと判断された場合に初めて音程を調節します。
調節自体は簡単でトーンホールを広げれば音程が上がり、小さくすれば音程が低くなります。
しかし、調節したトーンホールの他の音についてそのトーンホールの調整による影響が出る事を考えて 調整して下さい。


・何も気にならない場合
貴方の楽器は三つの集団のどれかです。

・本当に楽器の音程が良いものである場合
・ちょっと悪いがわからない場合
・良いのか悪いのか判断できない場合

もう一つ・・・
少し音程が気になるが自分でコントロールできる範囲であるから気にならない場合

とりあえずおめでとうございます。






 音 程 の 調 整 方 法

私が具体的に音程を調整する方法をお教えします。

音程が悪いと感じた時や吹き方の癖によりもう少しトーンホールの音程を変えたい時に、 簡単に音程を補正する方法をお教えしましょう。

あるトーンホールの音程を少し下げたい時には、 カー用品店やホームセンターにゴムで出来た厚さ1ミリ位の両面テープが有りますので、 それを少し切ってトーンホールの立ち上がり部分に張る事によって音程を下げることが出来ます。 もちろんそのテープの量によって音程は変化しますので音程を聞きながら加減をしてください。

反対にあるトーンホールの音程を上げたい時はトーンホールを削る事に成ります。 この場合、失敗時の被害は大きいのでよほど自信がある方にしかお勧めしません。 削り方には二通り有ります。トーンホールの表面積を広げる方法と、 表の面積はそのままでアンダーカットする方法です。 アンダーカットで済むのならその方が表面的には傷が付きませんからお勧めです。

工具が必要ですが売っている物は有りませんのでご自分で作る事に成ります。 作る際や加工時に怪我をする可能性もありますので十分ご注意ください。
当然ですが削ったものは復元できません。


工具の作り方
炭素鋼または高速度鋼の棒をグラインダーで削り出す。
刃は鋭角にしないでわりと鈍角にした方が良い。
グラインダーの使い方を十分取説等で理解し怪我には十分注意する。


全体の音程を調整したい場合

簡単に調整する場合は最低音のトーンホールまたは捨て穴を利用し調整します。
この調整により最低音の音程が変化します。
この変化を貴方が演奏法によりコントロールの範囲内でそのコントロールが出来ることを前提をして作業するか その変化を覚悟しての調整になります。

当然ですが自己責任で行ってください。




 トーンホールの調整

オカリーナのトーンホールが貴方の指に合わない時。

各種のオカリーナを自由に持ち替えて吹く事が出来る方(指が楽器に対して適応できたりして応用力が有る方)が トーンホールの位置が気に入らないと言う場合は構いませんが、 初心者の貴方が塞ぎにくいと言う場合は暫く慣れるまでそのまま使用するのがベストだと思います。 または適切な助言が出来る指導者の方の助言でしたら作業をしてください。

自分の手に合わせてトーンホールがどのように移動したら良いかを判断してください。 トーンホールを全く別の位置に開けたい時はその位置に穴を開け今までの穴を削った体積と同じ量の補修材で埋めれば終わりです。 何ミリか移動させたい場合は三日月状に削り穴を移動させる。それで気に入ったら元の三日月状の部分を埋めて完成です。 埋める材料はホームセンター等に売っている陶器の補修材で結構です。

仕上げの色塗り等はご自由に!

当然ですが自己責任で行ってください。





 楽器を割った時


 スローモーションの様に貴方の楽器が落ちて行く!
こんな事が現実になった場合慌てずにすべて欠片を拾い集めて下さい。
歌口が無傷の場合再生の可能性はあります。(大変残念ですが歌口が割れている場合はほぼ無理です) 後は丁寧につなぎ合わせ部品の無い所は陶芸の補修材等を使い復元すれば使えるようになります。

欠損部分が多かったり補修材が多い事によって内部の体積が変化し過ぎると全体の音程が変化しますのでご注意下さい。
普通の割れには接着剤で接着して頂ければ十分です。

ちなみに私が現在使っている楽器は二つ有りますが、 それらは皆さんにお譲り出来ない割れたオカリーナを接着して使っています。
表面の傷より音色の良いものの方が私にとって価値は高いのです。





  おわりに

 このメソッドには今までどの教則本やメソッドにもない内容が含まれ大変難しいのですが、
我慢してここまで読み実習してきた貴方に感謝します。
これで貴方は少なくとも「おがわオカリーナ奏法」をある程度理解して頂けたと思います。
 しかし残念な事に、ここでは直接お会いしてでないと伝えられない最も大切な「音楽」や
各課題の達成評価基準や貴方に合った的確なアドバイスは当然ですが書くことはできません。
でも、これで貴方は格段に進歩したか、その進むべき方向がわかったと思います。
そんな貴方には、ぜひこの「おがわオカリーナ奏法」を多くの方にご紹介くださり、
「恩送り」の輪と共に多くの方に広まると大変うれしいです。
(ただ、私の奏法をその名称を使わないで公開されるのは同義的に疑問を感じると共に大変寂しく思います)

ここに書いてある事が出来れば貴方も「おがわオカリーナ語?」が話す事が出来ると言う事でしょう。
でも、賢明な貴方はその言葉を使う事が出来ても文学作品が書ける訳でもなく、
詩が朗読できる訳でもない事を理解していると思います。
ですから、これから貴方がする事は「おがわオカリーナ」を通して音楽する事が出来る様に
「音楽そのもの」について学ぶべきなのです。   「楽しみながら頑張りましょう!」


今後も皆様の為にもっとより良いテキストになる様に、
少しずつ書き直すつもりでございます。
私のオカリーナを使う皆様のオカリーナライフに少しでも役立つ事を祈って。

2009年1月 
小川堅二








お譲りしているオカリーナ
「おがわオカリーナ」オンラインショップ




  おまけ・・良くある質問

この「良くある質問は」BBSに載せましたがそのまま消えて行くのはもったいないと言う御意見を頂き、
こちらに掲載いたしました。皆様の参考になれば幸いです。




フルートやリコーダの音楽家が教えられないオカリーナなりの基本奏法ってなんですか?

●そんなものは有りません。
基本的には、どんな先生の教えでも貴方が良い演奏が出来るようになればそれで良いのです。


★そのように言われる方は、一部の音楽の様式(スタイル)がオカリーナの音楽のすべてと勘違いしているのか、
奏法と様式の区別がつかないのか・・・あるいは単なる詭弁なのでしょう。
そうでないのなら、その《オカリーナなりの基本奏法》なる奏法を私は聞いた事がないので是非聞かせて欲しいものです。

どんな楽器もいろんなジャンルの音楽が演奏できるはずで、一部の音楽の為だけに存在している楽器は有りませんね。
当然、楽器としてのオカリーナもどんな音楽にも対応できる素晴らしい可能性があります。
それを、限定された様式のみをオカリーナの音楽と決めるのはオカリーナに対して、極めて失礼な事であると思います。

狭い種類の音楽の中では天才でとしても、様式の違いを正確に認識しそれを区別して教えられないような場合、
オカリーナを教える音楽家としては失格と言わざるを得ません。残念な事に、世の中には間違った理論と間違った奏法、 それにその様な偏った音楽しか教えられない方が居るのは現実です。

貴方が、良い先生を求めて巡りあえれば、それは本当にラッキーな事なので感謝しましょう。  ははは



閉管楽器はなぜ音の立ち上がりが悪いのですか?

●クラリネットは閉管楽器ですが立ち上がりが悪くありません。
どうしてそんないい加減な風評が??・・よく勉強してほしいものです!



オカリナは他の管楽器の様に「息と音の出口」がないので「閉管楽器」と呼ばれており、
閉管楽器の特徴は、指使いごとに決まった息の量、吹き方があり、それをコントロールしなければなりません」

・・・と聞きましたがどういう意味でしょうか?


●≪「息と音の出口」がないので「閉管楽器」≫それは初耳ですね!すごい!!!
・・・まだそんな事を言う人がいるのですねぇ!?
そうです! どなたから聞いたのか知りませんが・・・この解説は完全に間違!!
恥ずかしいですね。

閉管楽器の特徴は、指使いごとに決まった息の量や吹き方が有る・・?
なんて事を言ったらクラリネット奏者に怒られますよ。
これは、楽器に関して無知の方の意見だと思います。

どんなアドバイスを貴方がチョイスするか・・・
奇怪なアドバイスも多くあるインターネットでは大切な事ですね!




オカリーナは閉管楽器?

●間違いです。オカリーナはつぼ状楽器に分類されます。



オカリーナ奏者が作った楽器は音程が良いでしょうか?

●これは鋭い質問ですね!・・・・あはは
オカリーナが吹けない人は楽器が作れません・・・・たぶん?!
オカリーナ奏者・・・これは誰でもなれます・・・国家資格はありません。自称で良いのです。
現実はどうなのでしょう・・・世の中のオカリーナを吹いて見れば分りますが・・・。

調律と簡単に言いますがそれは調律の仕方の問題と演奏者の癖の問題その他の問題を含んでいます。
調律の時にチューナーを見ながら順番に音を合わせて完璧な調律をしましたと言う人がいますが、
もしそれを真剣に言っていたとしたら勉強不足の方と言えます。
また、楽器を吹きながらチューナーを見て針が正確にれぞれの音を示しているのを見て、
音程が良いと言ったら・・・少し問題が有る判断と言えるのです。
どうしてその様な事が言えるか・・・・私のサイトのどこかに書いて有ります。
お探し下さい・・・・ははは



オカリーナは形状による音色の違いがあるので、それによって演奏する音楽を選ぶべきですか?

●確かにオカリーナの形状によって音色の傾向があります。
でも、音色に影響する条件はそれだけでは無くもっとたくさんの条件があるのです。
その条件の組み合わせで一体どれだけの種類が出来るのでしょうか????
と言う事は形状だけで軽々に判断するのは問題があると言う事です。

人にはそれぞれの体形がありみんな違った声を持っています。
体形からは想像できない声を持った方もおいでですね。
それに、あなたの声ではこのジャンルの音楽は演奏しない方が良い・・・なんて!
そんな恐ろしい事は言えません。
下手なアドバイスは多くの素晴らしい音楽を殺す事になります。  ご注意ください!




タンギングと言う動作の為にスピードのある空気が必要でしょうか?  

●タンギングは舌を離す動作です。
息のスピードとは関係ありません。
舌にかける圧力はこれから出そうとする音に関係します。
スピードはその結果です。

ごちゃごちゃにしない様に正確に理解しましょう。



どの位の息の強さで吹けばいいのですか? 

●簡単に言うとこれから出そうとする音をイメージした"強さ"でしょうか・・。
でも、オカリーナ場合は特に演奏者のイメージどおりに吹くと音程が低くなったり音程が高くなったりします。
ですから、今まではつまらない電子楽器の様に音楽と関係のない一定の強さで吹きました。
しかし、音楽的には息の強さは音楽に的な問題となるはずですから、
「おがわ式コントロール」が音楽的な表現を可能としているので、
オカリーナの可能性が増したのです。 



高いほうのレ・ミ・ファがかすれます。

●C管とそれ以外の楽器によって吹き方が違います。

その他、楽器が悪い場合がありますね。
目次から「高音の出し方」に行って、良く学んでください。



C管のオカリーナを下向けないで高音が出る様に作る事は出来ますか?

●出来ます! 
そんなに難しいことでは有りませんが、
その為に失うものがあります。
高音が簡単に出ると言うオカリーナがどんな音がするかお試しください。



旋律の途中で息が苦しくなります。

●車と同じで燃費が問題です。燃料タンクの容量は肺活量です。
貴方がどんな車を選ぶかそれも重要ですね。
貴方自身の問題としてはまず呼吸法を考えないで自然に演奏して下さい。
その後により沢山の空気を短い時間で吸い安定して空気を出す為に
呼吸法を考えてみて下さい。

一般的には・・ブレスの時に、「十分に吸っていない」と言う例が多いですよ。



ピアノやカラオケに音が合いません。

●気温で音程は大幅に変化します。寒いと音程は下がり暑いと音程は上がります。
楽器自体の問題としてはもともと合わないオカリーナである場合。
貴方自身の問題としてはあなたの息の使い方、指の押さえ方が不完全、貴方の音感・・・。
例外としてはカラオケと演奏している調が違う場合 などなど。



8分音符に特別な奏法は有るのですか?その吹き方について教えて下さい。

●ありません!!   
音符の種類は単なる割合の表示で特別な意味は有りません。
音の一般的長さ(演奏時間)はテンポが決定するのです。
もし貴方の先生がそんな言い方をしたら・・。
その曲のその場所と言う、限定的な場合であるはずです。

そうでなく、どの音楽に対しても・・・と言う場合
・・・先生を選ぶのを間違えましたね・・・・・。



オカリーナは作り方によってヴィブラートが自然に付く様に作る事が出来るものですか?

●そんな事は全くありません。
ヴィブラートはあくまで意識的に付けるものです。
自然につく事はありませんしもし勝手に付いたとしたら非常に困った事になるのです。



テヌートとスタッカートの奏法は?

● テヌートは音を十分に伸ばすと言う意味として教わりますが、
どれぐらい伸ばすかは音楽上の問題で長さに決まりは有りません。

スタッカートの長さは1/2とか特に短く演奏しなさいと言う人がいますが、
これも間違いです。スタッカートにはそんな意味は有りません。
本来の意味は「他の音(前後の)にくっつけない」と言うものです。
結局、
テヌートやスタッカートの長さは演奏者の音楽的欲求に従い演奏者が決める事で・・、
これと言った決まった長さなどないのです。



強弱が楽に付くオカリーナを作ることは出来ますか?

●楽器自体にその能力を付ける事は、物理的に絶対無理です。
良く原理を考えて下さい・・当然理解できる筈です。



オカリーナのウォーミングアップ方は?

●楽器の準備と演奏者の準備の二つが有ります。
楽器は演奏中の温度になる様に息を吹き込んでおきます。
(この場合、本体の温度と中の空気の温度は同一である事が望ましいです)
貴方自身のウォーミングアップはあなたの経験によって違うでしょうね。
演奏はスポーツに似ています必要な筋肉をすぐに使える様にするのですが、
わからない時は簡単な曲を吹くのが良いです。

寒い時に温めないといけないと言う事で、ホッカイロ等で温める方がいますが、
これは演奏している時の温度より上がりますから、やめた方が良いです! 
音が出ない様に歌口を親指で軽く塞ぎ、優しく息で温めるのが一番シンプルで良いと思います。



オカリーナを吹く時の呼吸法は?

●簡単な曲を演奏する場合は考える必要はありません。
最初は何も考えないで自然に吹いて下さい。
しかし、良い音を出そうとしたりちょっと難しい曲を吹く場合はそれでは出来なく成ります。
その場合に
呼吸を「吹く」「吸う」「貯める(止める)」と分けて考えてその後に胸式腹式呼吸が出来る様に成ると良いですね。
誤解があるようです、楽器による呼吸法の差は無くキープする時の圧力が違うだけです。
当然、歌も同じで胸式腹式呼吸ですよ。

昔、腹式呼吸と言われていました。今では胸式腹式呼吸と言われています。
腹筋が強調され腹筋運動をするなどと言う短絡的な練習方法をする方もいますが、
私は腹筋運動が苦手です・・・あはは
ちょっさ練習をサボると疲労するのは腹筋より背筋の方が疲れます。



ブレスでロディーが途切れてしまいます。

●音楽は数学や化学や物理などとは違います。
量的に考えるとブレスをする時間は全くない場合が良く有ります。
出来るだけ早く吸う事だけを考えると悲惨な音楽に成ります。
・・そうです!貴方がやっているのは音楽ですから音楽を感じれば必ずその時間が出てきます。
それを言葉で説明するのは難しいのですが、ちょっとヒントを言いましょう。

音楽は直線的な時間の変化ではなく動きなのです。 ですから動きを感じて下さい。
具体的な一例をあげると・・ブランコの動きで上に上がって下がる前にちょうど止まる所がありますね?
そこでなら息が吸えませんか?・・・イメージの問題です。ははは



「吹き込み口」や「吹き出し口」から「エアーウエイ」の中をティシュなどのこよりで
ツバを拭き取ると良いと聞きましたが?


●絶対にやめて下さい!!  

言語道断!!
よい事は全くありません。
歌口周辺はオカリーナの命です。
音が出なく成っても良ければ貴方の責任でおやりください。



デュエットすると 「うなり」 が聞こえますが、あれは何ですか?

●「差音」です。
二つの音がある時その周波数が同一の時うなりは生じません。
違う周波数の時に三つ目の音が生じ、その音の事を「差音」と言います。
どんな楽器でも同じですが、フルート属の楽器は特によく聞こえる様です。

余談ですが・・。
和音になる様に計算して二重奏をすれば三重奏とする事もできます。

具体的に言うと・・。
440Hzの音と442Hzの音を同時に響かせると、一秒間に2回うなりが生じる事になります。





インターネットで他のホームページ等を拝見すると、
どこからこんな滅茶苦茶なアドバイスが・・・!!と言う場面に多々遭遇します。

それらをそのまま信じて実行され、悩まれている方がどれだけいるのでしょうか?

どの情報を選択し信じるかは、それを見た方の責任かも知れませんが、
それにも「出会い」と言う運命を感じます。

そんな状況ですから、まだまだ質問は続くかと思います。
本編と重なる事もあるかと思いますが頂いた質問と回答を載せたいと思います。



「おがわオカリーナ奏法」についてのレッスンを受けたいとの希望がお寄せ頂きます。 可能かどうか下の mail フォームにてお問い合わせください。


この「おがわオカリーナ奏法」内の文字の検索は Ctrl + F で検索できます。



Copyright (C)All Rights Reserved. -- mail